スポンサードリンク

【プトラジャヤ=マレーシアBIZナビ】 外国人の長期滞在を奨励する「マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)」プログラムについて、連邦政府は一時的に凍結することを決めた。担当省庁である観光芸術文化省及び関係機関が同プログラムを包括的に見直す。
観光芸術文化省の声明によると、他国におけるMM2Hと同様な長期滞在プログラムとの条件、優遇措置などを比較し、国際水準のプログラムに見直すことを目指すもので、観光芸術文化省の申請処理がすべてストップするため、すでに申請中のものについても凍結解除後に改めて再申請する必要があるという。新型コロナウイルス「Covid-19」感染拡大予防のために行なっている外国人の入国を禁じる政府方針に沿ったものでもある。
MM2Hの新規申請は最近却下されるケースが増えており新規申請者や斡旋業者が不満を募らせていたが、最近になって観光芸術文化省の申請センターが閉鎖され、申請自体がまったくできない状態になっていた。一方、国外に出国中のMM2Hパス保有者については5月17日から再入国を許可していた。

 

・ウィークリーコラム

・代表ブログ

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】