スポンサードリンク

【クアラルンプール】 市場リサーチのVase.aiが実施した調査によると、56%のマレーシア人が「国内旅行をした・復興のための行動制限令(RMCO)解除後にレジャー目的で旅行する計画がある」と答えた。
Vase.aiはRMCO施行期間中に1,080人を対象に調査を実施した。16%は「出張した・出張する予定がある」と回答した。
最も多かった旅行の目的は「家族や友人を訪問するため」で、回答率は46%となった。「経済に貢献するため」が39%、「マレーシア国内を旅行するのには良い機会だから」が27%だった。
渡航先のトップはペナンで、回答率は31%となった。それに▽マラッカ(28%)▽クアラルンプール(25%)▽トレンガヌ(23%)▽ケダ(22%)ーーが続いた。
旅行先に行きたいと思った理由としては「その土地ならではのグルメ」が51%、「手頃な価格で楽しめる観光地」が44%、「手頃な価格の宿泊施設」が40%となった。
また旅行時には政府が定める標準運用手順(SOP)を遵守するとの回答は85%だった。
(マレー・メイル、8月12日)

 

・ウィークリーコラム

・代表ブログ

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】