【クアラルンプール】 新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者急増により、民間病院、特に首都圏クランバレーの病院で受入能力が限界にきている。

マレーシア民間病院協会(APHM)のクリジット・シン会長によると、この2週間で新型コロナ患者用に指定された病棟のベッドが満杯となっており、集中治療室(ICU)の病床もふさがっている。民間病院はコロナ患者向けのベッド数や人工呼吸器などのICU設備、対応する医師や看護師のマンパワーに限りがあり、医療崩壊の危機に直面しているという。

APHMでは、最近の感染者急増によって公立病院、特に首都圏とジョホール州で受入能力が限界に近づいていることから、まずは公立病院に入院しているコロナ感染以外の患者を民間病院に移すことを提案しているという。

保健省によると、今年1月1日から4月27日までの感染率は人口10万人当たり834人だったが、働き盛りである20—29歳は1,406人、30—39歳は1,341人と他の年齢層に比べて高かった。外出する機会が多いためとみられる。

(東方日報、4月30日、マレー・メイル、4月29日)

スポンサードリンク