新型コロナの新規感染者数は4949人、3日連続で減少

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は14日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が4,949人となったと発表した。3日連続で減少した。アクティブ感染者数は7万1,625人で、累計感染者数は66万2,457人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く1,523人だった。それに▽サラワク州(744人)▽クアラルンプール(KL、503人)▽ジョホール州(430人)▽ネグリ・センビラン州(323人)▽サバ州(273人)▽クランタン州(214人)▽ペナン州(214人)▽ケダ州(199人)▽ペラ州(136人)▽マラッカ州(119人)▽ラブアン(113人)▽トレンガヌ州(86人)▽パハン州(61人)▽プトラジャヤ(10人)▽ペルリス州(1人)ーーが続いた。新たに6,588人が回復し、累計治癒者は58万6,864人となった。死者数は60人で、累計で3,968人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は13日、15カ所のクラスターを新たに確認したと明らかにした。

職場では最も多い11カ所のクラスターを確認。工場やサービス会社、スーパーマーケットなどで発生した。またコミュニティで3カ所、教育機関で1カ所のクラスターが発生した。

州別では、セランゴール州、ジョホール州、サバ州でそれぞれ3カ所、サラワク州で2カ所、マラッカ州、クランタン州、ケダ州、KLでそれぞれ1カ所発生した。

新型コロナの新規感染者数は6849人、セランゴール州が最多

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は11日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が6,849人となったと発表した。アクティブ感染者数は7万8,864人で、累計感染者数は64万6,411人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く2,558人だった。それに▽クアラルンプール(KL、884人)▽サラワク州(699人)▽ネグリ・センビラン州(685人)▽ジョホール州(426人)▽サバ州(309人)▽クランタン州(248人)▽ペナン州(205人)▽ラブアン(176人)▽マラッカ州(170人)▽ケダ州(161人)▽ペラ州(161人)▽パハン州(89人)▽トレンガヌ州(66人)▽プトラジャヤ(10人)▽ペルリス州(2人)ーーが続いた。新たに7,749人が回復し、累計治癒者は56万3,779人となった。死者数は84人で、累計で3,768人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は10日、22カ所のクラスターを新たに確認したと明らかにした。

職場では最も多い18カ所のクラスターを確認。工場や建設現場、ケアセンター、レストランなどで発生した。またコミュニティで3カ所、宗教活動で1カ所のクラスターが発生した。

州別では、セランゴール州で7カ所、ジョホール州で6カ所、ペナン州で3カ所、サラワク州で2カ所、ケダ州、ネグリ・センビラン州、サバ州、KLでそれぞれ1カ所発生した。

アセスメントセンターが対応能力限界、コールセンターを増設へ

【クアラルンプール】 保健省のノール・ヒシャム事務次官は、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数の急増により、アセスメントセンター(CAC)の対応能力が限界にきていると公表。悪化している感染者のモニタリング状況の改善に向け、一般からの問い合わせに対応するコールセンターをセランゴール州とクアラルンプール、プトラジャヤに新設する方針を明らかにした。

CACは今年1月に148カ所開設されたが、現在は198カ所に増えている。ノール・ヒシャム事務次官によると、CACを訪問する感染が疑わしい患者の数はそれまで1日当たり4,000人だったのが、4月以降に増加をはじめ、6月5日には150%増の1万人に達した。同様にCACがモニタリングしている感染者数もそれまでの1日5,300人から1万1,000人へと108%も増加した。

急激な業務量の増加にともない、CACスタッフが患者からの電話に出られなかったり、こちらから掛けることができないケースが増加。自宅で監視下に置かれていた患者から不安の声が上がっていたという。

コールセンターでは感染が疑われる症状のある患者については最寄りのCACを紹介し、緊急通報をマレーシア緊急対応サービス (MERS 999) に転送する。CACの電話回線も33本増やす。 (ニュー・ストレーツ・タイムズ、フリー・マレーシア・トゥデー、6月9日)

新型コロナの新規感染者数は6239人、セランゴール州が最多

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は10日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が5,671人となったと発表した。アクティブ感染者数は7万9,848人で、累計感染者数は63万9,562人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く1,510人だった。それに▽クアラルンプール(KL、769人)▽サラワク州(631人)▽ネグリ・センビラン州(593人)▽ジョホール州(524人)▽ケダ州(309人)▽クランタン州(262人)▽サバ州(233人)▽マラッカ州(184人)▽ペナン州(166人)▽ペラ州(143人)▽パハン州(112人)▽トレンガヌ州(108人)▽ラブアン(106人)▽プトラジャヤ(18人)▽ペルリス州(3人)ーーが続いた。新たに7,325人が回復し、累計治癒者は55万6,030人となった。死者数は73人で、累計で3,684人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は9日、15カ所のクラスターを新たに確認したと明らかにした。

職場では最も多い13カ所のクラスターを確認。コミュニティと教育機関でそれぞれ1カ所でクラスターが発生した

州別では、セランゴール州で5カ所、サバ州、クランタン州でそれぞれ2カ所、プトラジャヤ、ジョホール州、ケダ州、ペラ州、トレンガヌ州、ペナン州でそれぞれ1カ所発生した。

新型コロナの新規感染者数は6239人、セランゴール州が最多

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は9日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が6,239人となったと発表した。アクティブ感染者数は8万1,575人で、累計感染者数は63万3,891人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く2,291人だった。それに▽クアラルンプール(KL、704人)▽ネグリ・センビラン州(507人)▽ジョホール州(468人)▽サラワク州(419人)▽クランタン州(340人)▽パハン州(232人)▽サバ州(232人)▽ラブアン(200人)▽ペナン州(194人)▽ペラ州(175人)▽トレンガヌ州(171人)▽マラッカ州(150人)▽ケダ州(135人)▽プトラジャヤ(17人)▽ペルリス州(4人)ーーが続いた。新たに7,386人が回復し、累計治癒者は54万8,705人となった。死者数は75人で、累計で3,611人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は8日、集中治療室(ICU)の病床使用率が5月24日は96%だったが、6月6日には104%に上昇したと言明。一方でICU以外の病床利用率は過去2週間で99%から89%に下降したと明らかにした。一方で24カ所のクラスターを新たに確認したと明らかにした。

職場では最も多い15カ所のクラスターを確認。コミュニティで5カ所、残りは老人ホームと医療センター、宗教活動などでクラスターが発生した。

 州別では、サバ州で5カ所、セランゴール州、ジョホール州でそれぞれ4カ所、KL、サラワク州で2カ所、パハン州、ペラ州、ネグリ・センビラン州、クランタン州、ケダ州、プトラジャヤ、ペナン州でそれぞれ1カ所発生した。

新型コロナの新規感染者数は5566人、セランゴール州が最多

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は8日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が5,566人となったと発表した。アクティブ感染者数は8万2,797人で、累計感染者数は62万7,652人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く1,524人だった。それに▽サラワク州(707人)▽ネグリ・センビラン州(505人)▽クアラルンプール(KL、466人)▽ジョホール州(456人)▽サバ州(350人)▽マラッカ州(314人)▽ペラ州(225人)▽クランタン州(204人)▽ラブアン(191人)▽ペナン州(185人)▽パハン州(157人)▽ケダ州(148人)▽トレンガヌ州(106人)▽プトラジャヤ(27人)▽ペルリス州(1人)ーーが続いた。新たに6,962人が回復し、累計治癒者は54万1,319人となった。死者数は76人で、累計で3,536人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は7日、23カ所のクラスターを新たに確認したと明らかにした。

職場では最も多い16カ所のクラスターを確認。コミュニティで6カ所、老人ホームで1カ所のクラスターが発生した。

州別では、サバ州、サラワク州、セランゴール州、ジョホール州でそれぞれ4カ所、ネグリ・センビラン州で2カ所、ケダ州、ペナン州、KL、クランタン州、トレンガヌ州でそれぞれ1カ所発生した。

新型コロナの新規感染者数は 5271人、4日連続で減少

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は7日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が4日連続で減少し5,271人となったと発表した。アクティブ感染者数は8万4,269人で、累計感染者数は62万2,086人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く1,374人だった。それに▽サラワク州(703人)▽ネグリ・センビラン州(571人)▽クアラルンプール(KL、455人)▽ジョホール州(355人)▽クランタン州(341人)▽サバ州(336人)▽ラブアン(209人)▽ケダ州(194人)▽マラッカ州(178人)▽ペラ州(177人)▽ペナン州(153人)▽トレンガヌ州(117人)▽パハン州(99人)▽プトラジャヤ(8人)▽ペルリス州(1人)ーーが続いた。新たに7,548人が回復し、累計治癒者は53万4,357人となった。死者数は82人で、累計で3,460人となった。 保健省のノール・ヒシャム事務次官は6日、感染経路が明らかではない感染が散発的に発生しており、新規感染者数と死亡者の増加に繋がっていると懸念を表明。変異種の感染拡大も続いているとして、改めて感染対策の強化を国民に対して訴えた。一方で、これまでで最多となる30カ所のクラスターを新たに確認したと明らかにした。
職場では最も多い18カ所のクラスターを確認。コミュニティで7カ所、教育機関で2カ所、宗教活動と拘留所、老人ホームでそれぞれ1カ所のクラスターが発生した。
州別では、ジョホール州で8カ所、サバ州で6カ所、クランタン州とセランゴール州でそれぞれ4カ所、ペナン州、マラッカ州でそれぞれ2カ所、ケダ州、パハン州、プトラジャヤ、ペラ州でそれぞれ1カ所発生した。

 

新型コロナの新規感染者数は8209人、セランゴール州が最多

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は3日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が8,209人となったと発表した。アクティブ感染者数は8万3,331人で、累計感染者数は59万5,374人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く3,125人だった。それに▽クアラルンプール(KL、801人)▽ジョホール州(752人)▽サラワク州(594人)▽ネグリ・センビラン州(576人)

▽クランタン州(414人)▽ペラ州(384人)▽ケダ州(373人)▽マラッカ州(322人)▽ペナン州(303人)▽サバ州(203人)▽パハン州(135人)▽トレンガヌ州(127人)▽ラブアン(62人)▽プトラジャヤ(33人)▽ペルリス州(5人)ーーが続いた。新たに7,049人が回復し、累計治癒者は50万8,947人となった。死者数は103人で、累計で3,096人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は2日、22カ所のクラスターを新たに確認したと明らかにした。
職場では最も多い11カ所のクラスターを確認。コミュニティで7カ所、教育機関で2カ所、宗教活動と拘留所でそれぞれ1カ所のクラスターが発生した。
州別では、ジョホール州とサラワク州でそれぞれ4カ所、ペラ州で3カ所、ペナン州、KL、ネグリ・センビラン州、セランゴール州でそれぞれ2カ所、クランタン州、ケダ州、パハン州でそれぞれ1カ所発生した。

新型コロナの新規感染者数は7703人、セランゴール州が最多

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は2日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が7,703人となったと発表した。アクティブ感染者数は8万2,274人で、累計感染者数は58万7,165人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く2,728人だった。それに▽クアラルンプール(KL、701人)▽サラワク州(588人)▽ネグリ・センビラン州(586人)▽ジョホール州(554人)▽クランタン州(541人)▽ペナン州(407人)▽ケダ州(283人)▽サバ州(254人)▽パハン州(237人)▽ペラ州(224人)▽トレンガヌ州(224人)▽マラッカ州(209人)▽ラブアン(159人)▽ペルリス州(7人)▽プトラジャヤ(1人)ーーが続いた。新たに5,777人が回復し、累計治癒者は50万1,898人となった。死者数は過去最多となる126人で、累計で2,993人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は1日、これまでで最も多い27カ所のクラスターを新たに確認したと明らかにした。2日連続で過去最多を更新した。
職場では最も多い13カ所のクラスターを確認。コミュニティで8カ所、宗教活動で3カ所、教育機関と老人ホームでそれぞれ1カ所のクラスターが発生した。
州別では、クランタン州で6カ所、ジョホール州で5カ所、セランゴール州、ペラ州でそれぞれ4カ所、ペナン州で3カ所、サラワク州、KLでそれぞれ2カ所、トレンガヌ州で1カ所のクラスターが発生した。

各地でSOP違反摘発開始、完全ロックダウン開始受け

【ペタリンジャヤ=マレーシアBIZナビ】 6月1日付けで完全ロックダウン(FMCO)が全国規模で開始されたことを受け、事業所などを対象とした標準的運用手順(SOP)違反の摘発が各地で始まっている。

セランゴール州ペタリンジャヤ地区警察は2日、現在行なわれている3度目の行動制限令(MCO3.0)下で許可されている操業時間を超えて操業していたとして、工場監督者1人と従業員8人に対し、合計2万6,000リンギの罰金を科したことを明らかにした。

摘発されたのはタマン・メダンにあるプラスチック製品工場で、許可されている午後8時を超えて午後10時過ぎまで操業していた。工場監督者への罰金額は1万リンギ、従業員は各2,000リンギ。工場は通産省が発行した許可証に基づき操業を続けていたが、許可証は3月31日で無効となっていた。

ペナン州バタワースでは、必需品ではないにも関わらず操業を続けていたバイクのヘルメット工場が摘発された。警察は工場の閉鎖を命じた上で、所有者に1万リンギの罰金を科した。

通産省への登録によると、同工場ではマスクやゴム手袋などの個人用防護具(PPE)を製造することになっていた。60%以下という出社比率の制限は守っていたという。