スポンサードリンク

【クアラルンプール】 マレーシア・ホテル協会(MAH)の調査によると、年内のホテルの稼働率についてホテル業者は、25%未満に止まるものの10月、11月、12月でそれぞれ21.3%、22.8%、24.9%と徐々に回復すると予測している。8月の稼働率は21.7%、9月が20.8%に止まると見ている。
運営状況ついては、62.8%のホテルが「完全に稼働している」、29.5%は「部分的に稼働している」と回答。7.7%が「まだ稼働していない」と答え、うち0.6%は「追って通知があるまで完全に閉鎖する」、1.3%は「2021年1月までに再開する」と回答した。
向こう数カ月間における予約については、88%が「予約を受けている」、12%は「予約を受けていない」と回答。予約のほとんどは国内からで、▽クアラルンプール(KL)▽セラン  ゴール▽ジョホール▽ペナン▽サラワクーーの順で多かった。また国外からの将来的な予約も受けているとし、▽東南アジア諸国連合(ASEAN)▽東アジア▽ヨーロッパ▽オセアニア▽西アジアーーからの予約が多かった。
「ベルナマ通信」が報じたところによると、ホテルの稼働率についてナンシー・シュクリ観光芸術文化相は、4月と5月はそれぞれ8.86%と9.63%に止まったが、6月30日には30.74%まで回復したと明らかにした。
また、新型コロナウイルス「Covid-19」の大流行により一部のホテル運営者は、ビジネスを多様化する必要に迫られているという。インピアナ・ホテルズは8月初旬に、ホテルやリゾートの管理運営、不動産投資、ホテル開発など既存ビジネスを補完し、収益および株主価値の向上を目的とした不動産開発を含むコアビジネスを多角化戦略を発表した。同グループ、特にインピアナ・チェラティンは、サービス・スイートを投資家にリースするアセットライトビジネスを運営する計画だ。インピアナは声明の中で、ホスピタリティ業界におけるさまざまなセグメントで既存のコアビジネスに引き続き注力していくとの意向を示した。 同社は第1四半期(2020年1月ー3月)において、3,977万リンギの収益に対し221万リンギ純損失を計上していた。
(ザ・スター、8月21日)

 

・ウィークリーコラム

・代表ブログ

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】