マレーシアビジネスニュースBIZナビ無料試読のご案内

いつもAsiainfonet.comをご覧頂きありがとうございます。

本サイト上に掲載しているニュース記事は一部となり、ご購読者様にはマレーシアの経済・政治・商業に関するニュースを一日13~14本、毎日日本語でお届けしております。(マレーシアの平日に対応)

また毎週1回、企業でマネジメントに関わる方むけのコラム・企業待遇調査レポート等を掲載したウィークリーニュースも配信しております。

お客様の声

マレーシアで日々起きている最新情報が毎日得られ、時事の状況に合わせて確且つ纏まった情報をご提供頂けるので契約を決めました。


Shachihata (Malaysia) Sdn. Bhd. Managing Director M.Y様

最近では、新型コロナウィルスによるパンデミックの為、活動継続の為の条件等、マレーシア政府からの発表が整理されていない状態且つ小出しに出てくる為、対応に迷う事が多々あった。その様な中で、御社からの的確に纏められた情報は、「そうか、こうすればいいんだ!」と言う様に、様々な判断、対応に迫られる中で非常に心強いものでした。

製造業 M社 Managing director I様

マレーシアビジネスニュースBIZナビ 試読のお申込みはこちらから

ご購読の形態

ご購読には2つの形態をご用意しております。

①法人契約

本契約後の送付先のメールアドレス数に制限はございません。関係部署の方々も1契約でご覧いただけます。(試読はそれぞれお申し込みをお願い致します。)
また、人事・労務コンサルティングつきプランもご用意しております。
お支払い方法:口座振り込み・check
法人購読価格:1カ月RM360~

②個人契約

会社の経費として対応が難しいが、個人で教養のために購読したいというお客様のお声にお応えして、サービスを開始いたしました。
お支払い方法:クレジットカード自動引き落とし
個人購読価格:1カ月RM120~

無料試読のお申込み

以下フォームより試読をお申込み頂けます。

お申込みから14日間(マレーシア営業日ベース)、ご登録のメールアドレスへニュースを送付致します。
12日目に、ご購読の詳細案内が届きます。お申し込みをされない場合は以降の配信は停止となります。

※ご注意ください
ニュースは、メールマガジン送付システム経由で配信されます。
セキュリティの関係上、メールが届かない場合がございます。もしお手元に登録直後メールが届かない場合は、job@asiainfonet.comまでお問合せをお願い致します。

登録フォーム

登録

国民の貯蓄は生活費4カ月分、マッキンゼー調査

【クアラルンプール】 コンサルタントのマッキンゼー・アンド・カンパニーは、30カ国で実施した家計、雇用不安に関する意識調査の結果を発表した。
マレーシアの回答者の貯蓄額は生活費の4カ月分かそれ以下だった。新型コロナウイルス禍を背景に、5月から6月にかけ雇用維持に関する不安は継続的に存在した。これはほかに国でも同様だった。
マレーシアの回答者は経済の現状について、中立的あるいは弱いとの見方で、この先3カ月間の個人の財政状況は現状維持か悪化を予想している
世界全体で、銀行から融資を取り入れている世帯のほとんどが返済遅滞に対する罰則の免除、また債権者による権利行使の差し控えを望んでいる。
国別の動きでは、カナダで51%の世帯が支出を減らし、19%が支出を増やしたが、インドネシアでは46%の世帯が支出を増やし、25%が支出を減らした。
(ザ・スター、8月2日)

中古車販売が過去最高、新型コロナの影響で

【クアラルンプール】 新型コロナウイルス「Covid-19」による景気悪化に対する不安からより安い車に人気が集まっており、中古車販売が過去最高を記録している。
マレーシア自動車信用組合連合会(FMCCAM)のトニー・コー会長によると、6月の販売台数は前年同月比100%の増加。7月も前年同月比20%増、前月比で30%も増加した。
政府の新車に対する売上税減税策も、これに伴う新車購入者による中古車下取りが増加したことによって市場活性化を後押しした。また感染を恐れた人々が、公共交通機関の利用を恐れて中古車の購入に走ったことも販売増に寄与した。
好調な中古車販売を受けて、電子化自動車検査センター(Puspakom)の車検が追いつかない現象も起きている。コー会長によると検査待ちの期間が5—7日に延びており、予約をキャンセルする事態も起きているという。
政府は6月15日ー12月31日の時限措置として、新車の売上税の大幅減免を発表。これを受けて6月の新車販売台数は前年同月比5.0%増の4万4,695台になり、前月比では94.7%の大幅増となった。
(ザ・スター、8月3日)

新型コロナ感染者が新たに2人、累計9001人に

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は3日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数が前日から2人増えて9,001人になったと発表した。
新規感染者は国内で感染したマレーシア人だった。また新たに4人が退院し回復者数は8,668人に増加した。死者数は4日連続ゼロで、125人を維持した。
7月28日に感染者数が53人に上りレッドゾーン下にあったサラワク州クチンについて州政府は、2日付けで同エリアをイエローゾーンに引き下げた。サラワク州災害管理委員会によると同日時点の感染者数は39人。州内における他のイエローゾーンは▽サマラハン▽セリアン▽バウ▽ルンドーーの4カ所で、残りの35地区はグリーンゾーン下にある。州内にはアクティブなクラスターが、▽セントーサ(31人)▽クチン製造会社(8人)▽マンボン(7人)▽ストゥトンマーケット(7人)▽サトクマーケット(4人)▽液化天然ガス(LNG)タンカー「LNGジュピター」(3人)▽医療センター(3人)▽豪州メルボルンからの帰国者(3人)▽クチン港(2人)▽クチン建設会社(2人)ーーの10つ発生している。
■ケダ州で強化行動制限令(EMCO)発令■
インドのシバガンガイからの帰国者に関連したクラスタ(シバガンガイ・クラスタ)内で2日、新たに11人の感染者が確認され、ケダ州政府は、クバンパスのムキム、ホスバ、ビンジャルおよびパダン・テラプのカンポン・ウル、パダン・サナイに事実上のロックダウン(封鎖)である強化行動制限令(EMCO)を発令した。州政府の情報筋の話としてニュースサイト「フリー・マレーシア・トゥデー」が報じた。これに伴いクバンパスにあるホスバ国民中学校とホスバ国民学校、メガトデワ国民中学校とメガトデワ国民学校、パダン・テラプにあるクバン・パラス国民学校の5校が14日間閉鎖される。

自家用車内ではマスク着用不要、罰金は返還へ

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 8月1日から導入された公共の場におけるマスク着用義務化について、イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)は3日、自家用車に乗っている場合には適用されないと言明。すでに違反に問われた場合は無効とし、徴収された罰金は返却すると発表した。

警察は自家用車内でのマスク非着用についても検問で摘発を行なっており、違反を指摘された人たちから「乗用車は公共の場所ではない」と不満の声が上がっていた。

サブリ氏は、マスク着用義務は社会的距離が保てない混雑した場所のみ適用されると言明。プライベートの空間である自宅や自家用車内、またサッカー場、海水浴場など社会的距離がとれる場所は違反に問われないとした。

マスク着用は新型コロナウイルス「Covid-19」の新規発生件数が再び増加傾向にあることから導入され、初日は127人が違反に問われて逮捕されたが、適用基準が明確でないと指摘する声が上がっていた。着用義務が適用されるのは公共交通機関や混雑した公共の場所が対象で、違反がみつかった場合には1,000リンギの罰金が科される。スポーツ中や2歳未満の幼児は免除される。