警察の逮捕捜索を録画配信するのは犯罪、内務相見解

【クアラルンプール】 ハムザ・ザイヌディン内務相は1日の下院質疑で、警察の逮捕や家宅捜索の状況を携帯電話などを使用し録画、配信することは犯罪にあたるとの見解を示した。公務執行妨害や捜査妨害で刑法第186条に基づく処分を受ける可能性があるという。

ハムザ氏によると、録画や配信を他人にシェアするのは通信マルチメディア法(CMA)第233条により、他者を妨害する違反行為に当たる。録画した場合には警察により携帯電話を捜査、押収される可能性があるという。

クアラルンプール(KL)警察のアズミ・アブ署長は、機密情報の虚偽表示や暴露を懸念したためだとコメント。警察の捜査は、犯罪組織に作戦を知られないように秘密裏に行われ、場合によっては抵抗する容疑者を力づくで取り押さえることもあり、悪意をもって一部を切り取られた映像が流通した場合、誤解を招き、警察に対する国民の信頼を失墜させてしまうと述べた。

モハメド・ハニフ弁護士は、個人が警察からの取締対象となった際に自分を守るために映像を撮影した場合、その映像が流布されない限り、犯罪とは見なされないはずだと述べた。家宅捜索を受けたり、警察に呼び止められたりしたときに、裁判などの場合に備えそのときの様子を記録しておくのは問題ないが、公表するのは、犯罪者の証拠隠滅などにつながり、警察の捜査に支障をきたす可能性があるため問題があるとした。一般市民は、映像撮影を中止するよう警察から命令されたらそれを守るべきであり、万が一そのようなビデオを所持している場合は、弁護士に助言を求めることができると述べた。

一方、弁護士団体ロイヤーズ・フォー・リバティは、ハムザ内務相の主張は何の法的根拠もなく、録画や配信は刑法第186条で規定されている警察官の職務執行の妨害には当たらないと主張。国民への脅迫であるとして、首相と内閣に対し撤回を求めると述べた。
(ザ・サン、ザ・スター、8月3日、ニュー・ストレーツ・タイムズ、8月1日)

マレーシア入国、ワクチン未接種でも隔離不要に=政府観光局

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア政府観光局は、8月1日付けでマレーシア入国条件が緩和されたと発表した。カイリー・ジャマルディン保健相が先に、新型コロナウイルス「Covid-19」情報・追跡アプリ「MySejahtera」上の電子式「旅行者カード」の入力義務を撤廃すると発表していたが、改めて旅行者カード発行のために必要な「出発前フォーム」の入力が不要となったとし、さらにワクチン未接種・未完了者に対しての条件撤廃についても明らかにした。

ワクチン未接種・未完了者にこれまで課されていた、▽出国2日以内に取得したRT-PCRまたは迅速抗原検査の陰性証明書▽入国後24時間以内の迅速抗原検査▽入国後5日間の強制隔離ーーの条件が撤廃された。一方、「MySejahtera」のインストールおよび登録は変わらず必要となる。

4月1日の国境再開以降、誰でもマレーシア入国ができるようになり、日本国籍保有者は、パンデミック以前と同じく90日以内の商用・観光目的の場合にはビザが不要。入国時のパスポートの残存有効期限が6カ月以上であること、往復航空券(90日以内に出国)が入国条件となっている。

新型コロナの新規感染者数は5330人、2週間ぶりに5千人超

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、3日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は5,330人で、累計感染者数は469万2,800人となった。
新たに3,075人が回復し、累計治癒者は461万282人となった。死者数は10人で、累計は3万5,995人。アクティブ感染者は、前日から2,245人増の4万6,523人だった。うち96.5%が自宅、0.1%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、3.4%が医療機関、0.1%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は72.8%に上昇した。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,745万5,292人で、接種率は84.1%。1回目のブースター接種完了者は1,618万9,813人で、接種率は49.6%、2回目が36万6,985人で1.1%だった。
新たに発生したクラスターは1カ所で、クアラルンプールの教育機関で確認。感染者が出続けているアクティブなクラスター数は19カ所で、前日と変わらなかった。

新型コロナの新規感染者数は4204人、病床使用率は70.1%

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、2日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は4,204人で、累計感染者数は468万7,470人となった。
新たに4,582人が回復し、累計治癒者は460万7,207人となった。死者数は8人で、累計は3万5,985人。アクティブ感染者は、前日から386人減の4万4,278人だった。うち96.3%が自宅、0.1%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、3.5%が医療機関、0.1%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は70.1%に上昇した。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,745万3,689人で、接種率は84.1%。1回目のブースター接種完了者は1,618万8,558人で、接種率は49.6%、2回目が36万136人で1.1%だった。
新たに発生したクラスターは2カ所でセランゴール州の職場とネグリ・センビラン州の教育施設で確認した。現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は19カ所で、前日と変わらなかった。

新型コロナの新規感染者数は3213人、病床使用率は66.4%

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、1日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は3,213人で、累計感染者数は468万3,266人となった。
新たに3,847人が回復し、累計治癒者は460万2,625人となった。死者数は8人で、累計は3万5,977人。アクティブ感染者は、前日から642人減の4万4,664人だった。うち96.5%が自宅、0.0%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、3.4%が医療機関、0.1%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は66.4%に下降した。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,745万2,368人で、接種率は84.1%。1回目のブースター接種完了者は1,618万7,232人で、接種率は49.6%、2回目が35万3,548人で1.1%だった。
新たに発生したクラスターはゼロで、現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は19カ所で、前日と変わらなかった。

新型コロナの新規感染者数は3926人、病床使用率は71.4%

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、7月31日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は2,783人で、累計感染者数は468万53人となった。
新たに4,482人が回復し、累計治癒者は459万8,778人となった。死者数は9人で、累計は3万5,969人。アクティブ感染者は、前日から1,708人減の4万5,306人だった。うち96.6%が自宅、0.0%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、3.3%が医療機関、0.1%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は68.8%だった。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,745万729人で、接種率は84.1%。1回目のブースター接種完了者は1,618万6,051人で、接種率は49.6%、2回目が34万7,697人で1.1%だった。
新たに発生したクラスターは1カ所で、ペラ州で確認。現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は19カ所となった。

新型コロナの新規感染者数は3926人、病床使用率は71.4%

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、7月28日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は3,926人で、累計感染者数は466万8,139人となった。
新たに3,542人が回復し、累計治癒者は458万4,907人となった。死者数は4人で、累計は3万5,946人。アクティブ感染者は、前日から380人増の4万7,286人だった。うち96.6%が自宅、0.1%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、3.3%が医療機関、0.2%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は71.4%に上昇した。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,743万6,896人で、接種率は84.0%。1回目のブースター接種完了者は1,618万2,393人で、接種率は49.6%、2回目が32万5,809人で1.0%だった。
新たに発生したクラスターは2カ所で、セランゴール州とペラ州で確認。現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は20カ所に増えた。

新型コロナの新規感染者数は4503人、2日連続で4千超える

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、27日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は4,503人で、累計感染者数は466万4,213人となった。
新たに3,847人が回復し、累計治癒者は458万1,365人となった。死者数は10人で、累計は3万5,942人。アクティブ感染者は、前日から646人増の4万6,906人だった。うち96.6%が自宅、0.1%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、3.2%が医療機関、0.2%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は69.2%に下降した。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,743万1,993人で、接種率は84.0%。1回目のブースター接種完了者は1,618万344人で、接種率は49.5%、2回目が31万5,209人で1.0%だった。
新たに発生したクラスターはゼロで、現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は19カ所を維持した。

首都圏含む半島広域で大規模停電、2時間後に完全復旧

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 首都圏クランバレーを含む半島北部・中部の広範囲にわたり、27日午後零時45分ごろから長時間にわたる大規模停電が発生した。復旧には最短で20分要し、2時間以上経った午後3時過ぎになってようやく完全復旧した。

停電が起きたのは首都圏ではバングサ、バンティン、プチョン、シャアラム、スバン、ペタリンジャヤ、スバン、ケポン、チェラス、バンギ、セラヤン、バンダル・サンウェイ、フルランガットなどで、クランタン州、ペナン州バタワース、ケダ州、ペラ州などの半島北部やマラッカ州、ネグリ・センビラン州セレンバン、クアラルンプール新国際空港(KLIA)などの半島中南部からも停電被害の報告が寄せられた。

停電によりDigiやTMユニファイなどの携帯電話が一時使えなくなったほか、ラピッドKLの首都圏軽便鉄道(LRT)アンパン―スリペタリン線も一時運転をストップした。

政府系電力会社、テナガ・ナショナルは、広域停電が起きていることを認めて謝罪した上で、ジョホール州ヨンペンにある変電施設で発生した機器障害が原因だったと明らかにした。事故のため半島部の電力の10%を喪失したという。

新型コロナの新規感染者数は4759人、病床使用率は72.3%

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、26日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は4,759人で、累計感染者数は465万9,710人となった。
新たに4,806人が回復し、累計治癒者は457万7,518人となった。死者数は9人で、累計は3万5,932人。アクティブ感染者は、前日から56人減の4万6,260人だった。うち96.6%が自宅、0.0%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、3.2%が医療機関、0.2%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は72.3%だった。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,742万9,011人で、接種率は84.0%。1回目のブースター接種完了者は1,617万8,591人で、接種率は49.5%、2回目が30万5,087人で0.9%だった。
新たに発生したクラスターは4カ所で、ペナン州で2カ所、セランゴール州とクランタン州でそれぞれ1カ所確認した。現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は19カ所に増えた。