新型コロナの感染者数は1817人、5日ぶり1千人台に

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、22日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は1,817人で、累計感染者数は449万1,320人となった。
新たに3,389人が回復し、累計治癒者は442万9,166人となった。死者数は2人で、累計は3万5,643人。アクティブ感染者は、前日から1,574人減り2万6,511人だった。うち95.7%が自宅、0.1%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、4.1%が医療機関、0.2%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は61.4%に下降した。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,700万1,724人で、接種率は82.7%。ブースター接種完了者は1,608万331人で、接種率は49.2%だった。
新たに発生したクラスターは1カ所で、ペラ州のコミュニティで発生した。現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は25カ所に減少した。

新型コロナの感染者数は2124人、病床使用率は63.3%

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、19日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は2,124人で、累計感染者数は448万5,419人となった。
新たに2,303人が回復し、累計治癒者は441万9,997人となった。死者数は3人で、累計は3万5,633人。アクティブ感染者は、前日から182人減り2万9,789人だった。うち95.9%が自宅、0.1%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、3.9%が医療機関、0.1%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は63.3%に下降した。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,696万5,652人で、接種率は82.6%。ブースター接種完了者は1,607万5,262人で、接種率は49.2%だった。
新たに発生したクラスターはゼロで、現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は39カ所に減少した。

 

新型コロナの感染者数は2017人、病床使用率は65.8%

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、18日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は2,017人で、累計感染者数は448万3,295人となった。
新たに2,548人が回復し、累計治癒者は441万7,694人となった。死者数は7人で、累計は3万5,630人。アクティブ感染者は、前日から538人減り2万9,971人だった。うち95.7%が自宅、0.1%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、4.1%が医療機関、0.2%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は65.8%に上昇した。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,695万8,363人で、接種率は82.5%。ブースター接種完了者は1,607万1,981人で、接種率は49.2%だった。
新たに発生したクラスターはゼロで、現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は45カ所に減少した。

昨年12月の大雨洪水による経済損失は53億ー65億リンギ

【クアラルンプール】 再保険会社マレーシアン・リインシュアランスは、年次発行物「マレーシア保険ハイライト(MIH 2021)」で、昨年12月の水害による経済損失は53億ー65億リンギだったと明らかにした。
MIH2021によると、水害による経済的損失のうち約10%しか保険が適用されていない。クアラルンプールやセランゴール州では製造施設の被害が多く、保険会社が経済損失の20ー30%にあたる約15ー20億リンギ(3億6,000万ー4億8,000万米ドル)を負担した。
また、12月の水害が国内保険市場における洪水補償の価格設定に影響を与え、洪水リスクに対する理解も変化したことから、保険会社は再保険の仕組みを見直し、十分な補償を確保することが期待されているという。
ザイヌディン・イシャック社長兼最高経営責任者(CEO)は、水災補償は標準的な火災保険に付帯でき、金額は保険金額の0.086%程度であるため低コストだが、個人向け保険では高いと認識されており、洪水が起こりやすい地域や水害発生後にしか加入されないことが多いと言明。住宅所有者は、銀行が住宅ローンの一部として保険を手配するためほとんどが保険に加入しているが、洪水リスクの高い低所得者層は災害が発生した場合に政府を頼りにしている。今回の水害でも、政府は14億リンギを拠出し、被災者を支援した。そのため、中央銀行バンク・ネガラ(BNM)および国家災害管理局(NADMA)と協力して、保険に加入できる余裕がある人とそうでない人を結び付けるソリューションを開発しているという。
ザイヌディン社長は、保険会社、バンク・ネガラ、NADMA、政府が一体となって、洪水リスクをカバーするための解決策を見出すために議論を深める必要があると言明。以前は、低所得者層への補償に重点が置かれていたが、現在では、社会のあらゆる層を網羅することを目指しているとした。

MIH 2021は、国内保険会社、再保険会社、仲介業者、業界団体合計22社の代表者24名以上を対象として、2021年9月-12月に実施したインタビューに基づき作成された。

(ザ・サン、5月18日、ベルナマ通信、5月17日)

新型コロナの感染者数は1469人、病床使用率は63.3%

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、17日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は1,469人で、累計感染者数は448万1,278人となった。
新たに1,836人が回復し、累計治癒者は441万5,146人となった。死者数は3人で、累計は3万5,623人。アクティブ感染者は、前日から370人減り3万509人だった。うち95.9%が自宅、0.1%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、3.9%が医療機関、0.2%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は63.3%に上昇した。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,695万1,190人で、接種率は82.5%。ブースター接種完了者は1,606万9,133人で、接種率は49.2%だった。
新たに発生したクラスターはゼロで、現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は49カ所に減少した。

手足口病が流行、感染者数は前年比15倍の3万1661人

【クアラルンプール】 保健省のノール・ヒシャム事務次官は17日、手足口病(HFMD)が大幅に増加しており、今年1月から5月14日までの感染者数は、全国で3万1,661人に達したと明らかにした。前年同期2,121人の約15倍。
州別に見ると、セランゴールが最も多く、全体の28%を占める8,864人。それに▽クアラルンプール・プトラジャヤが4,421人(構成比14%)▽サバが2,650人(8%)▽ペラが2,638人(8%)▽クランタンが2,493人(7.9%)▽その他の州が約1,500人以下ーーだった。
発生場所は幼稚園、保育園、幼稚園が575人(65%)、個人宅で305人(34%)、保育センターで27人(3%)だった。
カイリー保健相は、昨年は行動制限令(MCO)により外出が規制されていたため感染が避けられたが、学校や対面授業、幼稚園や保育所などの経済部門の再開に伴い、症例が増加したと言明。新型コロナウイルス「Covid-19」情報・追跡アプリ「MySejahtera」にも触れ、HFMDなどの感染病のホットスポット(流行地域)を追跡する新機能「感染症トラッカー」が追加されたとして、保護者が感染を避けるために活用できるとした。
HFMDは、主に未就学児が罹患するウイルス性感染症。唾液、食事、ウイルス付着物への接触を介して感染する。症状としては、発熱に続き、手足や口、舌などに水疱性発疹が出る。治療をしなくても7ー10日で回復する場合が多いが、エンテロウイルス71(EV71)に感染した場合は、脳炎、肺水腫、心筋炎などの重篤な合併症を引き起こす可能性がある。
(マレー・メイル、5月17日、ベルナマ通信、5月14日)

新型コロナの感染者数は1697人、10日ぶりに千人台に減少

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、16日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は1,697人で、累計感染者数は447万9,809人となった。
新たに1,548人が回復し、累計治癒者は441万3,310人となった。死者数は5人で、累計は3万5,620人。アクティブ感染者は、前日から144人増え3万879人だった。うち96.2%が自宅、0.1%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、3.6%が医療機関、0.2%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は58.5%に下降した。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,694万132人で、接種率は82.5%。ブースター接種完了者は1,606万6,394人で、接種率は49.2%だった。
新たに発生したクラスターはゼロで、現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は54カ所となった。
保健省のノール・ヒシャム事務次官は同日に開いた会見で、5月の第2週目(5月8ー14日)は前の週に比べて新規感染者数が119.2%増加し、1人の感染者が何人に感染を広げる可能性があるかを示す基本再生産数(R0/RT)は0.57から0.97に上昇したと公表。ハリラヤ(断食明け大祭)の連休があったため、感染者数の増加は想定内だったが、標準的運用手順(SOP)を順守しなければ、今後も感染者は増えるとし、国民に対してSOPを守るよう改めて注意を喚起した。

新型コロナの感染者数は2239人、病床使用率は59.9%

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、15日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は2,239人となり、累計感染者数は447万8,112人となった。
新たに1,263人が回復し、累計治癒者は441万1,762人となった。死者数は3人で、累計は3万5,615人。アクティブ感染者は、前日から973人増え3万735人だった。うち96.0%が自宅、0.0%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、3.8%が医療機関、0.2%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は59.9%だった。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,693万4,511人で、接種率は82.5%。ブースター接種完了者は1,606万4,239人で、接種率は49.2%だった。
新たに発生したクラスターはゼロで、現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は55カ所となった。

新型コロナの感染者数は3321人、2週間ぶりに3千人超える

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、11日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は3,321人となり、4月27日ぶりに3,000人を上回った。累計感染者数は446万7,061人となった。
新たに1,416人が回復し、累計治癒者は440万6,613人となった。死者数は8人で、累計は3万5,598人。アクティブ感染者は、前日から1,897人増え2万4,850人だった。うち94.1%が自宅、0.1%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、5.5%が医療機関、0.2%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は64.5%にアップした。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,684万6,782人で、接種率は82.2%。ブースター接種完了者は1,605万3,311人で、接種率は49.2%だった。
新たに発生したクラスターはゼロで、現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は3日連続で68カ所だった。

新型コロナの感染者数は2605人、5日連続で前日上回る

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症に関する情報提供サイト「コビドナウ(COVIDNOW)」によると、10日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は2,605人だった。累計感染者数は446万3,740人となった。
新たに2,014人が回復し、累計治癒者は440万5,197人となった。死者数は6人で、累計は3万5,590人。アクティブ感染者は、前日から585人増えた2万2,953人となった。うち94.2%が自宅、0.1%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、5.4%が医療機関、0.3%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は62.3%にアップした。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,683万790人で、接種率は82.2%。ブースター接種完了者は1,604万9,816人で、接種率は49.1%だった。
新たに発生したクラスターはゼロで、現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は68カ所で前日と変わらなかった。