シノバック製ワクチンに懸念、3回目の接種は必要か?

新型コロナウイルス「Covid-19」の切り札とされるワクチン接種について、中国シノバック製を使用している各国から、有効性に疑問を投げかける報告が上がっており、シノバック製が大量に使用されているマレーシアでも懸念の声が上がっている。

香港大学医学部は、ビオンテック製と比較するとシノバック製の抗体レベルが低いとの結果が得られたとし、シノバック製を接種した人の一部は3回目の接種が必要になる可能を示していると報告している。タイの研究では、シノバック製を2回接種した人の抗体レベルが40日ごとに半減するとの結果が出たという。

変異型の感染が拡大する中、シノバック製の有効性に対する懸念がますます高まっており、タイ政府はシノバック製を2回接種した後にアストラゼネカ製をブースターと呼ばれる抗体レベルをあげるための3回目として接種すると発表。インドネシアの同様の措置を検討しているという。これに対し製造元の中国・科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)は、有効率は90%に達し、また変異株にも有効だと主張している。

マレーシアはこれまでシノバック製を1,600万回分を発注しているが、マレーシア保健省は15日、在庫が切れた段階でシノバック製の使用を打ち切ると発表した。他社製の供給が十分な量に達しているためだとしており、シノバック製の信頼性が低いためではないと説明している。

ワクチン接種調整担当大臣を兼任するカイリー・ジャマルディン科学技術革新相は、2回目の接種をファイザー製またはアストラゼネカ製に代える、もしくは3回目の接種については現時点で考えていないと述べた。ただシノバック問題にはむしろ地方自治体の方が敏感で、クランタン州は連邦政府に先駆けて7月いっぱいでシノバック製の使用は止めると発表している。

政府が公式使用しなくなったシノバック製について、販売元であるファーマニアガは8月より州政府や民間企業向けに販売を開始する方針を示している。販売するのは政府が購入を中止したため余剰となった1,400万回分だが、これについて「元々全国民への接種費用は国が負担するはずだったのだから、この分も国費で負担すべき」との声も上がっている。

シノバック製に対する懸念の声が上がっていることについて、野党・民主行動党(DAP)のリム・グアンエン書記長は、シノバック製ワクチンを接種した人々の間で疑念を生じさせないように政策の方向性についてきちんとした説明が必要だと指摘している。

なおシノバック製に限らずワクチンの効果が一定レベルに達しない場合に備え、マラヤ大学熱帯感染症研究センター(Tidrec)は、ブースター接種の必要の有無に関する研究に着手している。ワクチン接種を受けた200人のボランティアの抗体レベルがどれぐらい低下するか調べるという。(マレーシアBIZナビ編集部)

国産コロナ自己検査キット、販売開始

【ペタリンジャヤ】  保健省(MoH)が傘下の医療機器庁(MDA)を通じて条件付きで承認した新型コロナウイルス「Covid-19」抗迅原迅速検査キットのうち、初の純国産製品である「サリキシウムCovid-19抗原迅速検査キット」(サリキシウム)の販売が開始された。
販売を担当するメドカドによると、サリキシウムは、唾液と鼻腔ぬぐい液を利用して、新型コロナウイルス感染の自己診断ができ、感染・非感染・無効という結果も15分以内に出る。感度(感染の場合に陽性と検出される確率)は91.23%、特異度(非感染の場合に陰性と検出される確率)は100%。検査開始の30分前からは水以外のものを飲食できない。価格は39.90リンギで、薬局や医療施設などで購入可能。また、公式ウェブサイト(https://www.salixium.com/)からも購入できる。
サリキシウムの研究開発はすべてクアラルンプール(KL)ブキ・ジャリルのテクノロジーパーク・マレーシアにあるメドカドの研究所で行われ、製造も国内工場で行なわれているという。
(フリー・マレーシア・トゥデー、7月24日)

ほとんどの州が10月中に第4フェーズに=ムヒディン首相

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ムヒディン・ヤシン首相は26日に開幕した特別国会で国家復興計画(NRP)に関する説明を行ない、ほとんどの州が早ければ10月中にも第4フェーズに移行できると述べた。
NRPによると、第4フェーズへの移行すれば可能な限り日常生活に戻すこととなり、すべての経済活動、より多くの社会活動が許可される。また州を越えた旅行が許可され、国内観光旅行も厳格な標準的運用手順(SOP)に従うことを条件に容認するとなっている。
ムヒディン首相は、新型コロナウイルス「Covid-19」感染対策に成功して一旦次のフェーズに移行した州について、出口戦略に重点を置くNRPのアプローチに基づき再び元のフェーズに戻さないことを国家安全委員会(NSC)特別会議で決定したと言明。再び感染件数が増加した場合には地区ごとに移動制限を厳格化することで対処していくと述べた。
ムヒディン首相はまた、現政府は完璧ではないもののワクチン接種率が最も高い国の一つとなっているなど可能な限りの措置をとっていると強調。10月までにはすべての成人に対するワクチン接種が終わるだろうとした上で、困難な時代に立ち向かっていくためには団結することが重要だと述べた。
またムヒディン首相は、保留となっている第12次マレーシア計画(12MP、対象期間;2021ー2025年)については9月20日、来年度予算案に関しては10月29日に国会に上程すると発表した
このほかタキユディン・ハッサン首相府相(法務担当)は、8月1日で期限を迎える非常事態宣言についてアブドラ国王に延長を求める意向のないことを明言。予定通りに非常事態宣言を解除することになると述べた。

保健省、コロナ患者の重症化を防ぐ新薬を導入

【シャアラム】 アダム・ババ保健相は、新型コロナウイルス(Covid-19)の重症化を防ぐため、新薬であるバリシチニブを使用していることを明らかにした。
バリシチニブは経口ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬であり、元々関節リウマチ治療のために用いられていたが、コロナによる肺炎への治療薬としても抗ウイルス薬レムデシビルと併用して投与される。バリシチニブとレムデシビルの併用については、昨年11月に米食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可が下りている。日本でも今年4月に厚生労働省より承認された。
アダム保健相によると、マレーシアでは現在、肺炎発症を防ぐことを目的に、コロナ患者に対し2-4ミリグラムの割合でバリシチニブが投与されているという。
同相は、10代へのワクチン接種については、政府はファイザーからのさらなる臨床データを待つことになるとし現在はまず成人へのワクチン接種を完了させる方針を明らかにした。米疾病対策センターが6月、ファイザー製ワクチン接種後に心筋炎を発症する若い世代が多いという発表を行なったことによる。また、子どもたちを感染から守るために、バス運転手、学校の警備員、給食業者など、学校関係者へのワクチン提供も検討しているという。

(ベルナマ通信、7月21日)

 

第1、2フェーズのSOPを緩和、港湾の24時間営業可に

【クアラルンプール】 イスマイル・サブリ・ヤアコブ副首相(兼国防相)は19日、国家復興計画(NRP)第1及び第2フェーズにおける標準的運用手順(SOP)を一部緩和すると発表した。新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチン接種が順調に進んでいることを受けた措置。
第1フェーズでは新たに、▽公共機関の出勤比率を20%から40%に引き上げ▽会計事務所、鉱山・採石も60%を上限に許可▽港湾・物流の24時間稼動▽一般の市場の営業時間を午後4時まで延長▽生鮮朝市については午後2時まで延長▽サイクリング・個人スポーツについて近隣エリアで2—3メートルの社会的距離をとることを条件に許可——が盛り込まれた。
第2フェーズについては、新たに▽SOP遵守を条件にした屋外撮影活動の許可▽給油所のなどの専門店の営業時間を午後10時まで延長——が盛り込まれた。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、エッジ、7月19日)

予約なしの接種、17日より首都圏在住の60歳以上に解禁

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 カイリー・ジャマルディン科学技術革新相は、新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチン接種の日がまだ決まっていないクアラルンプール(KL)及びセランゴール州在住の60歳以上について、17日より予約なしでの接種を受け付けると発表した。

接種を受けられる場所はワクチン接種センター(PPV)。予約なしに直接PPVに行って接種できるのはあくまで接種日が決まっている人であり、接種日がすでに決まっている人については接種日に行くよう求めている。また居住者であることを証明する書類・証明書類がない場合でも、8月1日以降であれば予約なしで接種が受けられる。

ワクチン調整担当大臣を兼任するカイリー氏は、首都圏でワクチン接種のスピードアップを図っているとし、KL及びセランゴール州在住の18歳以上については8月1日までに少なくとも1回の接種を行なうことになると言明した。

カイリー氏によると、KL及びセランゴール州の人口は610万人と見積もられているが7月15日時点で350万人がすでに1回目の接種を受けており、25日までにさらに130万人が接種を受ける見通し。残りの130万人については7月26日から8月1日までに1回目の接種を受けることになる見込みだという。

セランゴール州の強化制限令も16日で解除、KLなどに続き

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 イスマイル・サブリ・ヤアコブ副首相(兼国防相)は16日、セランゴール州の34の準地区で7月3日より敷かれていた強化行動制限令(EMCO)を同日いっぱいで解除すると発表した。

保健省が行なった新型コロナウイルス「Covid-19」感染状況評価に基づき、国家安全委員会(NSC)特別会議で決定した。これまで禁止されていた半径10キロメートルを超える必需品購入のための外出も認められる。単独でのエクササイズやジョギングも認められる。ただ同州の新規感染者数は前日よりは減ったものの16日も5,512人にのぼっており、依然高い水準にある。

サブリ副首相は前日、クアラルンプール(KL)の9カ所の居住地区に対し16日いっぱいでEMCO指定を解除すると発表しており、セランゴール州の扱いに注目が集まっていた。KLのほかサバ州とパハン州の一部の地区も16日いっぱいでEMCO指定解除されることも発表された。

一方でサバ、ペラ、マラッカ州の一部については、EMCO指定が30日まで延長される。

またサブリ副首相は、パソコン販売及び修理、通信機器販売店、文房具、書店は16日から営業を再開できると発表した。6月1日に発令された完全ロックダウン(FMCO)では、パソコンや情報通信機器の販売・修理については必需品とみなされず営業が禁止されていたが、オンライン学習などのニーズが高まっていることから消費者から営業再開を求める声が上がっていた。

第2フェーズへ移行した州の第1フェーズ再指定はなし

【プトラジャヤ】 国家復興計画(NRP)調整担当大臣を兼任するザフルル・アブドル・アジズ財務相は14日、新型コロナウイルス「Covid-19」感染対策に成功して第2フェーズに移行した州について、その後に条件を維持できなかった場合でも第1フェーズに再指定されることはないと言明した。
ザフルル財務相によると、州が第2フェーズに移行した後に州内の特定の地域で新型コロナウイルス「Covid-19」の感染拡大が起きた場合、州全体ではなく発生した地域のみに強化行動制限令(EMCO)が発令されるという。
現時点で▽ペルリス州▽ペラ州▽パハン州▽クランタン州▽トレンガヌ州▽ペナン州▽サバ州▽サラワク州ーーの8つの州がNRP第2フェーズに移行している。
(ベルナマ通信、7月14日)

2回のワクチン接種完了者への移動規制緩和を検討=首相

【プトラジャヤ】 ムヒディン•ヤシン首相は、新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチンの2回の接種を終えた個人を対象に、ワクチンの接種の有無に関係なく居住地の状況によって一律に定められている行動規制を緩和する方向で検討していることを明らかにした。

女性家族共同体開発省が主催する貧困家庭向けの食糧支援プログラムの準備状況を視察したムヒディン首相は、ワクチン接種完了者に対する規制緩和は徐々に通常の生活に戻すという国家復興計画(NRP)の一環だと強調。旅行やショッピング、飲食店における店内飲食などを認める方向で、すでにワクチン供給アクセス保証特別委員会(JKJAV)に検討を指示したことを明らかにした。

2回のワクチン接種を完了した個人を対象にした行動規制の緩和は、ワクチン接種調整担当大臣を兼任するカイリー・ジャマルディン科学技術革新相が6月21日に言及していた。

カイリー氏によると、他国で行なわれている手順なども参考にして、国家ワクチン接種プログラム(NIP)技術作業委員会が検討を始めている。専門家によって構成される作業委員会の検討結果は最終的に国家安全委員会(NSC)に提出され、最終的に実施の可否が決定されるという。

(ザ・スター、マレー・メイル、7月15日)

8月初旬にも全国で第2フェーズ移行の可能性=サブリ副首相

【クアラルンプール】 イスマイル・サブリ・ヤアコブ副首相(兼国防相)は、新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチン接種が加速すれば、国家復興計画(NRP)第1フェーズにある州・地域も8月初旬までにすべて第2フェーズに移行できる可能性があると述べた。
感染対策が進み、すでに第2フェーズに移行しているのは▽ペルリス▽ペラ▽クランタン▽トレンガヌ▽パハン▽ペナン▽サバ▽サラワク——の8州のみで、セランゴール州やクアラルンプール(KL)は第1フェーズに置かれている。
サブリ副首相は、第2フェーズに移行するための3つの指針のうち、ワクチン接種率についてはすでに総人口の10%を突破してクリアしており、集団免疫を獲得するために順調に進んでいると強調。8月初旬までに国全体が第2フェーズに移行できる可能性があると述べた。
全国のワクチン接種回数は延べ1,200万回を突破しており、約830万人が1回目、380万人が2回目の接種を終えている。
ただ3つの指針のうち、残る新規感染者数を抑えることと集中治療室(ICU)病床使用率を中程度に下げることについては、現時点ではどちらも高水準で推移しており、達成に時間がかかる状況だ。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、フリー・マレーシア・トゥデー、7月14日)