公営病床の64%、新型ウイルスの感染者に使用

【クアラルンプール】公営病院の病床(7,288床)のうち8日の時点で64%(4,666床)が新型コロナウイルスCovid-19の感染者の治療に使われている。国立衛生研究所のデータとして保健省が10日、発表した。
低リスク者治療・隔離センターの病床2万3,141床のうち49%がCovid-19の感染者に使用されている。
集中治療室では、1,283病床のうち42%に当たる540床がCovid-19の感染者に使用されており、356床はそれ以外の病の患者に使われている。
人工呼吸器2,037台のうち、Covid-19感染者に使用されているのは300台。Covid-19以外の患者には624台が使用されている。
ほかの人への感染リスクが高いとされる現感染者数は8日連続で3万人を超えたという。Covid-19感染者の累計は44万人余り。
(エッジ、5月10日)

シンガポールとの相互グリーンレーン停止、変異株感染で

【ペタリンジャヤ】シンガポールで新型コロナウイルスの変異株による感染が地域社会で見られたことから、国家安全委員会(MNK、NSC)は相互グリーンレーン(RGL)の取り決めに基づくシンガポールからの入国を5月13日付で停止することを決めた。ビジネス目的でマレーシアへの入国を希望するシンガポール人はマレーシア投資開発庁(MIDA)が設けたワンストップセンターを利用することになる。
保健省によると、シンガポールでは南アフリカ変異株、ブラジル変異株など懸念される変異株(VOC)やインド株の感染が確認された。
また同日付で、シンガポールからマレーシアに入国する者は入国後14日間、政府指定施設での隔離を義務付けられる。定期的通勤取り決め(PCA)の対象者もこの適用を受ける。
シンガポール政府は1月に、新型ウイルスの感染拡大を理由にマレーシアなどからのRGLに基づく入国を停止していた。
(フリー・マレーシア・トゥデー、5月10日)

SOPを全国統一化、12日からの制限令拡大受け

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)と保健省のノール・ヒシャム事務次官は11日に共同会見を開き、12日付けで全国に拡大される第三次行動制限令(MCO3.0)に言及。国民の間で混乱の原因となっている各州ごとに決定されている標準的運用手順(SOP)を統一する方針を明らかにした。

国家安全委員会(NSC)会議で決定した。MCO3.0実施に合わせて各省庁がそれぞれの担当分野に関する独自のSOPを作成し、NSC作業部会に提出。検討の上でムヒディン•ヤシン首相が議長を務める特別委員会に諮る。

サブリ大臣は、各省庁には一般国民からの質問に答えるためのホットライン開設を命じたことを公表。全体のSOPのリストについてはNSCのポータルサイト(https://www.mkn.gov.my上でも閲覧できるようになると述べた。

新型コロナの新規感染者数は3973人、セランゴール州が最多

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は11日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が前日から3,973人増加したと発表した。アクティブ感染者数は3万8,499人で、累計感染者数は44万8,457人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く1,328人だった。それに▽サラワク州(512人)▽クアラルンプール(KL、483人)▽ジョホール州(384人)▽クランタン州(321人)▽ペナン州(187人) ▽ケダ州(174人)▽ペラ州(140人)▽ネグリ・センビラン州(126人)▽トレンガヌ州(93人) ▽パハン州(85人)▽マラッカ州(79人)▽サバ州(50人)▽プトラジャヤ(8人)▽ラブアン(3人)ーーが続いた。ペルリス州のみゼロだった。新たに2,848人が回復し、累計治癒者は40万8,236人となった。死者数は22人増えて、累計で1,722人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は10日、新たに19カ所のクラスターを確認したと明らかにした。
職場で7カ所、宗教活動とコミュニティでそれぞれ5カ所、学校・教育機関で2カ所のクラスターが発生した。
セランゴール州で5カ所、ジョホール州で3カ所、ケダ州、ペラ州、サラワク州でそれぞれ2カ所、ペナン州、トレンガヌ州、クランタン州、サバ州、パハン州でそれぞれ1カ所のクラスターが発生した。

厳しい制限令を12日付けで全国に拡大、6月7日まで

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ムヒディン・ヤシン首相は10日、新型コロナウイルス「Covid-19」感染拡大を防止するため、首都圏など地域ベースですでに実施している行動制限令(MCO)を5月12日より全国に拡大すると発表した。期間は6月7日まで。全国的なMCOは今年1月に発令して以来、3度目となる。
同日の国家安全委員会(NSC)会議で決定した。今回の制限令(MCO3.0)発令の理由としては、感染率の高いウイルス変異体の存在、公衆衛生システムの能力に対する制約の増大、一部での標準的運用手順(SOP)遵守率の低さ——が挙げられている。ムヒディン首相は「より深刻な第三波に直面している」と説明した。
州・地区を跨いだ移動、教育(国際的な試験受験を除く)、社会活動、スポーツ&レクリエーション(屋外で社会的距離を保って行なうジョギング、サイクリングなどを除く)は禁止される。ビジネス活動は今後も認められるが、管理職の出社を30%以下とし、後は在宅勤務とする。乗用車の乗員は運転手を含め3人までとする。
州・地区跨いだ移動や社会、教育、スポーツ活動に関する規定の有効期間は6月6日まで。その他の指示命令の有効期間は6月7日までとなる。
ムヒディン首相は再三にわたって全国規模のMCO発令はないと繰り返しており、イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)も8日に同様の発言を行なったばかり。
■通勤のための州・地区間移動、警察の許可は不要■
MCO指定地域における通勤目的の州・地区間の移動に関する許認可手続きを巡って混乱が起きている問題で、通産省と警察は9日にそれぞれ声明を出し、警察の許可は不要だと明らかにした。
通勤目的の州・地区間の移動の場合、必要となるのは通産省が発給した営業許可証及び雇用主からのレター、もしくは社員証だけが必要。警察から許可を取る必要はないという。
同問題を巡っては、イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)が8日に「警察の許可を得る必要がある」と発言したことで混乱が発生していた。

 

4月の三菱車販売台数は過去最多、エクスパンダーがけん引

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】三菱モータース・マレーシア(MMM)は7日、4月の販売台数が1,872台と過去最多を記録したと発表した。販売台数は1月以降、増加を続けており、国民車以外では上位3位以内を4カ月連続で保持した。
販売をけん引したのがクロスオーバーMPV(多目的車)の「エクスパンダー」で、982台と4月の販売台数の52%を占めた。
三菱自工は20年10月、ハイコム・オートモーティブ・マニュファクチャラーズ・マレーシアに委託しての現地組み立て生産を開始しており、予約台数は1万台を超えた。
タイから完成車で輸入しているピックアップトラックの「トライトン」も好調を維持しており、4月の販売台数は680台。
MMMの新西知之 最高経営責任者によると、客の多くは乗用車に対する売上税減免措置の期限である6月30日までの購入を希望している。

ダイハツ系プロドゥア、最新版「アルス」発表

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ダイハツ系自動車メーカー、プルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)は9日、2021年版のスポーツ車(SUV)「アルス」を発表した。
後部ドアの下のサイドステップ、時速20キロメートル以上で作動する自動ドアロック機能が標準装備となった。車体カラーにはアマゾングリーンに代わってパッションレッドを投入。5色を揃えた。エンジンは以前のモデルと同じ排気量1.5リットル4気筒アルミニウム・エンジンを搭載し、マレーシアの低燃費自動車(EEV)政策に適合する1リットル当たり15.6キロメートルのクラス最高水準の燃費を実現した。
半島部での価格は、スタンダードの「X」が6万8,526リンギ、上級の「AV」が7万3,226リンギ(保険別、共にオートマチックのみ)で据え置いた。2021年6月30日まで政府の売上税減免措置を受けるため、当初の価格よりそれぞれ4,374リンギ、4,674リンギ安くなっている。

厳しい制限令、新たにバタワースやイポーなども対象

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 連邦政府は、新型コロナウイルス「Covid-19」感染が増加傾向にあるとして、10日付けで▽パハン州クアンタン地区▽ペナン州セベランプライ、バタワースなど▽ペラ州イポーなど——を新たに行動制限令(MCO)対象地域に加えると発表した。期間は5月23日まで。政府はまた、11日付けでジョホール州クルアンをMCO対象に加えると発表した。期間は5月24日まで。
MCO指定域が徐々に拡大されていることについて、イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)は8日、全国一律のMCOを行なう予定はないことを強調。運用が開始された早期警報システム「動的評価に基づく感染多発地域特定(HIDE)」に基づき特定の地域にのみ発令する方針だと述べた。
今回のMCO発令期間中における標準的運用手順(SOP)では、当初ほとんどすべてのスポーツ・レクリエーション活動が禁止と発表されたが、青年スポーツ省はその後、ジョギング、サイクリングなど屋外の社会的距離を置いた活動については認めると変更した。ただしゴルフについては禁止となっている。
サブリ大臣はまた、5月10日から6月6日までの4週間、すべての州跨ぎの移動について警察からの許可がない限り禁止すると発表した。同期間中はまた、大人数が集まる社会、教育、経済活動についても禁止される。

新型コロナの新規感染者数は3807人、セランゴール州が最多

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は10日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が前日から3,807人増加したと発表した。アクティブ感染者数は3万7,396人で、累計感染者数は44万4,484人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く1,149人だった。それに▽サラワク州(649人)▽クランタン州(329人)▽クアラルンプール(KL、320人)▽ジョホール州(257人)▽ペナン州(245人) ▽ケダ州(224人)▽ネグリ・センビラン州(144人)▽ペラ州(119人)▽サバ州(96人)▽トレンガヌ州(93人)▽マラッカ州(88人) ▽パハン州(77人)▽プトラジャヤ(11人)▽ペルリス州(3人)▽ラブアン(3人)ーーが続いた。新たに3,454人が回復し、累計治癒者は40万5,388人となった。死者数は17人増えて、累計で1,700人となった。 保健省のノール・ヒシャム事務次官は9日、同日に確認された死亡者数が26人となり、過去最高となったと発表。また新たに13カ所のクラスターを確認したと明らかにした。
職場とコミュニティでそれぞれ5カ所、宗教活動で2カ所、学校・教育機関で1カ所のクラスターが発生した。
ペナン州で3カ所、セランゴール州、ジョホール州、サラワク州でそれぞれ2カ所、ネグリ・センビラン州、クランタン州、ペラ州、トレンガヌ州でそれぞれ1カ所のクラスターが発生した。一方で6カ所のクラスターが収束した。

感染多発地域特定システム運用開始、150カ所に閉鎖命令

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染拡大防止に向けた早期警報システム「動的評価に基づく感染多発地域特定(HIDE)」の運用が開始され、7日後にホットスポット(感染多発地点)になる可能性が高いと予測される150カ所超のリストが8日にはじめて発表された。リストは毎日更新するとしている。

リストに載った場所を地域別でみると、多い順で▽クアラルンプール(KL)66カ所▽セランゴール州54カ所▽ジョホール州9カ所▽ペナン州5カ所▽サラワク州4カ所——となっており、ペラ、クランタン、サバの3州とプトラジャヤがそれぞれ3カ所、マラッカ、ネグリ・センビランの2州がそれぞれ1カ所となっている。69%に当たる105カ所がショッピングセンターやスーパーマーケット、食品店、ミニマートなどが占めている。

■リスト上の地点、9日から3日間閉鎖■

HIDEの発表を受けイスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)は、リストにあるホットスポットに対し、9日から11日まで3日間の閉鎖を命じた。

閉鎖を命じられた主なショッピングモールは▽スリアKLCC▽ワン・ウタマ▽バングサ・ショッピングセンター▽ミッドバレー・メガモール▽パビリオンKL▽1モントキアラ▽パブリカ▽サンウェイ・ピラミッド▽スバン・パレード——など。

ただし鉄道駅や交通ターミナルなどはリストにあっても閉鎖されない。公共交通機関も通常通りに運航される。リストには軽便鉄道(LRT)KLセントル駅、KLCC駅、マスジット・ジャメ駅が含まれている。