「マレーシア経済は危機的ではない」中銀総裁が強調

【クアラルンプール】 中央銀行バンク・ネガラ(BNM)のノル・シャムシア総裁は、マレーシア経済について危機的状況にはないと強調。経済回復は順調に進んでおり、成長の勢いを示していると述べる一方、今後の見通しは不確実であり予想不可能だと警鐘を鳴らした。

3日に開催されたフォーラムで行った講演の中でノル・シャムシア総裁は、国境再開が観光関連部門の回復をもたらしており、投資活動と先行き見通しも複数年にわたるプロジェクトの実現によって引き続き支えられていると強調。輸出も2021年初めから2桁の成長を記録しており、これらのポジティブ要素は2023年の経済成長を下支えするだろうと述べた。

ノル・シャムシア総裁はその他のポジティブ要素について▽製造業とサービス業の賃金が今年それぞれ5%、7%上昇していること▽失業率が4%未満であること▽インフレが平均3.1%で安定しており、第3四半期でピークを迎えると予想されることーーの3点を挙げた

一方、先行きについては、困難かつ不確実で予測不可能なものになるとした上で、今後1ー2年はマレーシアが大胆な改革に踏み出すための重要な時期となると指摘。「国として今、経済の基礎、回復力、柔軟性の強化に注力しなければならない」、「域内近隣諸国は積極的に改革を進めている。今行動しなければ取り残される危険がある」と改革を進める必要性を強調した。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、ザ・サン、10月4日、エッジ、ベルナマ通信、10月3日)

強いドルは来年初頭まで続く、エコノミスト予想

【クアラルンプール】 リンギは先週も米ドルに対し値下がりし、23日には1米ドル=4.5775リンギと過去最低を更新した。サンウェイ大学のイア・キムレン教授は、輸入価格上昇が物価、インフレ予想に影響することが懸念材料で、こうしたリスクにさらされている家計、企業への配慮が政府には必要だと指摘した。

イア氏によれば、米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げを継続する見通しで、強いドルは少なくとも来年第1四半期まで続く見通しだという。

23日の記者会見でノル・シャムシア中央銀行総裁は資本規制に乗り出す意向はないとするかたわら、物価安定の中での経済成長の維持を重視していると述べた。

社会経済研究センターのリー・ヘングイエ専務理事も、いつFRBが利上げをやめるかに相場は左右されるため、短期的にリンギ下落圧力は続くとの見解だ。

一方で、リンギ安は輸出業者にはプラスで、外国人旅行客の入国も増加が期待できるという。
(ザ・サン、ニュー・ストレーツ・タイムズ、9月26日)

国際ハラルショーケース、成約額は目標上回る23.6億リンギ

【クアラルンプール】 マレーシア外国貿易開発公社 (MATRADE) は、国内最大のハラル(イスラムの戒律に則った)製品見本市「マレーシア国際ハラルショーケース(MIHAS)2022」の成約額が、目標の19億リンギを上回る23億6,000万リンギだったと発表した。

MATRADEによると、MIHASは9月7ー10日に3年ぶりにリアル開催された。出展者の成約額が16億5,000万リンギ、国際調達プログラム(INSP)の成約額が7億1,470万リンギ。金融サービス、農産物、調理食品、飲料、パーム油製品分野での成約が多かったという。

INSPには、マレーシアのサプライヤー264社、33カ国の海外バイヤー192社が参加。オンラインで同時開催されたバーチャルINSPには、マレーシアのサプライヤー226社、48カ国の海外バイヤー197社が参加した。インド、カタール、サウジアラビア、トルコ、米国から参加したプレミアム・バイヤー5社の成約額は合計で7億1,470万リンギとなった。内訳はINSPで6億5,022万リンギ、バーチャルINSPで6,448万リンギだった。

モハマド・ムスタファ最高責任者(CEO)は、マレーシアはMIHASを通じて世界のハラル拠点の中心地となったとし、MATRADEは今後も零細・中小企業に対して海外への輸出を奨励し続け、2025年までに2.8兆米ドルに達すると推定される世界イスラム経済へ参入できるよう支援していくと述べた。

MATRADEは、来年のMIHASを9月12ー15日にかけて、今年と同様にクアラルンプールのマレーシア国際貿易展示センター(MITEC)で開催する予定だ。
(ザ・スター、9月23日、ベルナマ通信、9月22日)

リンギ安、輸入業者に深刻な影響=アナリストら

【クアラルンプール】 対米ドル・リンギ為替レートが1米ドルあたり4.53リンギと1998年のアジア金融危機以来の低水準を記録したため、輸入業者に深刻な影響を及ぼしている。

社会経済研究所(SERC)のリー・ヘングイエ専務理事は、リンギ安は輸入に依存している企業に大きな影響を与えるとの見解を示した。例えば、部品を多く輸入している自動車部門は影響を受ける可能性があるとした。他の多くの通貨も米ドル高の影響を受けているため、全体として大きな問題はないと考えられるが、政府は経済状況を強化することが最重要であるため、対策が求められると指摘。その一方で、輸出企業は価格競争力を享受するために米ドル高を活用できると述べた。

政府系金融機関MIDFのエコノミスト、アブドル・ムイズ氏は、リンギ安は米国連邦準備制度理事会(FRB)が、インフレを抑制するために利上げを続けているためだが、今後利上げ幅が鈍化すると予想されるため、リンギを含む途上国通貨は今年末には高くなると予測。一方でアクティブ・トレーズのマーケットアナリスト、アレクサンダー・ロンドノ氏は、米国の物価上昇が予想より高くなれば、米ドル高・リンギ安が続くだろうとした。

バンク・イスラム・マレーシアのチーフエコノミスト、フィルダオス・ロスリ氏は、短期金利の指標であるFFレート(民間銀行が、連邦準備銀行への準備預金の過不足を調整するため無担保で貸し借りをする際に適用される金利)が政策金利を上回ると予想され、金利差の拡大から米ドル高・リンギ安への圧力が続くと指摘。直近の米国消費者物価指数(CPI)のデータによると、利上げや原油価格の下落に関わらず、米国のインフレは依然高止まりしていると述べた。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、9月17日)

リンギの対米ドル安が進行、24年ぶりに4.52リンギに

【クアラルンプール】 投資家がより安全な資産にシフトした影響から通貨リンギが売られ、9月14日9時5分時点での対米ドル・リンギ為替レートは前日終値の1米ドル=4.5070/5085リンギから24年ぶりの水準となる4.5200/5220リンギまで下落した。

アクティブ・トレーズによると、米国の8月の消費者物価指数(CPI)が8.1%の事前予想を上回る8.3%だったことで、投資家の間で米連邦準備制度委員会(FRB)がさらなる利上げに踏み切るとの見方が広がったと指摘。その結果、リンギを含めた他国の通貨に対する米ドル高が進行したと分析した

他国通貨はリンギ以上に対米ドル下落幅が大きく、リンギの対シンガポール(S)ドル・レートは13日の終値の3.2320/2333リンギから3.2153/2174リンギに、対日本円(100円)も3.1690/1703リンギから3.1282/1301リンギに、対英ポンドも5.2768/5.2786リンギから5.1989/5.2012リンギに、対ユーロも4.5818/4.5833リンギから4.5105/4.5125リンギにそれぞれ上昇した。

(ベルナマ、9月14日)

セランゴール航空ショーの成約額は17億リンギ、目標大きく上回る

【スバン】 セランゴール州政府主催で8-10日に開催された「セランゴール航空ショー(SAS)2022」では、覚書(MoU)24件が締結され、成約額は昨年実績の1億リンギや今年の目標額10億リンギを大きく上回る17億リンギとなった。

セランゴール州評議会のテン・チャンキム議長は、SAS2022の成功は国境再開や業界関係者や一般からの関心の高まりによるもので、ビジネス航空、一般航空の両方を対象とする航空ショーとしては、東南アジア諸国連合(ASEAN)地域で唯一、アジア太平洋地域でも中国に次ぐ2番目のものであるため、将来に対しても楽観的な見通しを持っていると言明。航空業界は新型コロナウイルスの感染拡大により大きな打撃を受けたが、運航再開により回復傾向にあるとし、航空産業は、今後10年間にわたり同州の経済成長に恩恵をもたらすと述べた。

テンク・ザフルル財務相も、連邦政府は航空宇宙産業に投資を継続してきたとし、航空宇宙産業は第12次マレーシア計画でも経済成長を推進する重要な原動力のひとつとされていると述べた。

2021年8月に第1回が開催されたSASは、航空業界関係者を対象に、航空機などの展示やフォーラム、トレーニングなどを行う展示会。
(ザ・サン、9月12日)

短距離航空のファイアフライ、持続可能燃料の便を就航

【クアラルンプール】 マレーシア・アビエーション・グループ(MAG)の短距離部門子会社、ファイアフライは8日、持続可能な航空燃料(SAF)のフライトを初めて運航した。MAGは50年までの二酸化炭素排出実質ゼロの目標を立てており、既に6月には傘下のマレーシア航空がシンガポール便で初めて、SAFを使用した。

国内便でのSAFの使用は今回が初めて。スカイパークRACスバンで開催中の航空産業の展示会「セランゴール航空ショー」で給油行事が行われた。

使用機材はATR72-500型機で、目的地は北部のペナン。SAFを38%混合した燃料を用いた。

SAFを提供したのはペトロナス子会社のペトロナス・ダガンガンで、カリル・ジャフリ最高執行責任者(COO)は「マレーシア航空業界を持続可能なものにするため、SAFを一段と推進する」と語った。

航空機燃料には主に化石燃料が使われているが、二酸化炭素排出量を削減するための手段として近年登場したのが化石由来の原料を使用しないSAFで、飲食店や生活の中で排出される廃棄物・廃食油などが原料。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、9月9日)

中銀バンクネガラ、今年3度目の利上げで2.50%に

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 中央銀行バンク・ネガラは8日、定例金融政策会合(MPC)を開催し、政策金利である翌日物政策金利(OPR)を0.25ポイント引き上げて2.50%とすることを決定した。中銀は2020年7月から1.75%で維持していたが、今年5月11日、7月6日にそれぞれ0.25ポイント引き上げており、今回で3会合連続の利上げとなった。
 中銀は声明の中で、国内経済の成長の見通しが明るいとして、3度目の利上げを決めたと説明。現在の金融政策のスタンスも緩和的であることから、引き続き経済成長を支えることが可能だとした。
 国内経済について中銀は、新型コロナウイルス「Covid-19」のエンデミック(風土病)段階への移行や政策が、第2四半期の経済成長に貢献し、複数の統計が民間部門の支出が経済成長を下支えしていることを示しているとした上で、労働市場でも引き続き失業率の低下、労働力率の上昇、所得の見通しが改善していると指摘。その一方で今後は外需の減速や金融および為替市場のボラティリティー(変動性)の高まりが懸念されるものの、マレーシアの経済成長を阻害することはないとの予想を示した。そして今後も世界経済の回復が予想を下回る可能性、ロシアのウクライナ軍事侵攻の激化、サプライチェーンの混乱悪化が成長リスクとなり続けるとし、今年のコア・インフレ率の予想については、2.0ー3.0%で維持するとした。
 また中銀は世界経済について、成長率は減速しているが労働市場の改善や国境の再開が成長を下支えし続けているとした上で、インフレ圧力を軽減するためにマレーシア以外でも中銀による政策金利の調整が行われると予想。特に米国の積極的な金融緩和策が金融市場を変動させていると指摘し、金融政策により生じる影響や中国の「ゼロコロナ」政策下で実施されるロックダウン、コスト圧力の上昇、欧州のエネルギー危機の可能性などが下振れリスクになるとの見解を示した。

リンギが4日連続で下落、1998年以来の低水準に

【クアラルンプール】 通貨リンギは7日、4日連続で米ドルに対し値下がりし、一時1米ドル=4.5010リンギと1998年以来の低水準になった。

6日にも一時、4.4970リンギと2016年以来の低水準になったものの、終値は4.4985リンギとやや持ち直していた。

ディーラーによると、7ー8日の中央銀行バンク・ネガラ(BNM)の金融政策委員会会合を控え、売買は少なかった。空売りしたドルを買い戻す動きも見られたという。

米ドルに対しては6日、円、中国人民元、台湾ドルも値下がりした。米ドル高の要因は景気後退懸念と賃金上昇で、ユーロや円、ポンドなど主要通貨に対する米ドルの強さを示すドル指数は20年ぶりの高水準に達した。

投資家は、インフレ対策のため米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げを継続すると予想しており、米ドル高を支えている。

リンギは6日、英ポンド、ユーロ、シンガポールドルに対しても下落した。しかし円に対しては値上がりした。

(ザ・スター、エッジ、9月7日、マレーシアン・リザーブ、9月6、7日)

中国・台湾間の緊張、サプライチェーンに影響

【ペタリンジャヤ】 マレーシア半導体産業協会(MSIA)のウォン・シューハイ会長は、中国と台湾間の緊張は半導体のサプライチェーンを混乱させる恐れがあり、マレーシアには両地からの投資増が見込めるとの見解を示した。

ウォン氏によれば、台湾、中国とも世界半導体産業の主要ハブ。サプライチェーンは複雑で、ある企業が部品を15社から調達しているとして、これには中国、台湾両方の企業がまず含まれる。緊張が高まれば、半導体のサプライチェーンは深刻な影響を受けるという。

リスク回避のため台湾、中国の半導体関連企業は、マレーシアでの工場新設、マレーシア企業買収、あるいはマレーシア企業への製造委託に乗り出すと見込まれるという。

あるアナリストは、緊張が高まれば新工場の建設が必要になるが、建設には時間がかかるため、短期的に企業は十分な量の半導体を生産できず、20ー21年の時のような世界的な半導体不足が再び起こる可能性があると述べた。
(ザ・サン、8月22日)