新型コロナウイルスの感染者が再び増加傾向、変異種を検出

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染症の新規感染者数が再び増加しており、保健省の総合情報提供サイト「KKMNOW」の最新のデータによると、4月28日に1,067人となり、12月19日以来、約4カ月ぶりに千人を突破。4月29日の新規感染者数は1,050人となっている。

29日に確認された新たな死者数はゼロで、アクティブ感染者は、前日から450人増えて1万4,291人。そのうち93.6%が自宅、6.2%が医療機関、0.2%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は70.3%、ICU病床使用率は67.0%、人工呼吸器使用率は38.8%だった。

ザリハ・ムスタファ保健相によると、オミクロン株より感染力がはるかに強いとされる新たな変種であるXBB.1.16、通称「アークトゥルス」の感染者が首都圏クランバレーで初めて検出され、これまで12人の感染者が出ている。

同氏は27日、新規感染者数が増加していることを受けて、学校でのマスク再義務化を検討していると明らかにした。

なおマラッカ州政府は、公共の場でのマスク着用を推奨している。義務ではないが、蔓延を抑えるためだとし、将来的にマスクの着用が義務化された場合は、標準的運用手順(SOP)に従うとしている。

デング熱の感染者数が3.2倍に、死亡者も4.3倍の17人

【クアラルンプール】 アハマド・ザヒド副首相は、今年1月1日から3月25日までのデング熱感染者数が前年同期比3.2倍の2万6,222人、死亡者数も4.3倍の17人となっていると明らかにした。

州・地域別の感染者はセランゴール州が1万3,510人で最も多く、それ以下は▽サバ州(2,685人)▽クアラルンプール・プトラジャヤ(2,430人)▽ペナン州(2,113人)▽ジョホール州(1,758人)ーーとなっている。

デング熱感染者の急増を受けて対策を講じるために内閣委員会会合が28日に開催された。会合後の会見でザヒド副首相は、政府はホットスポット(感染多発地点)に非政府組織(NGO)やボランティア医師を派遣するなどの対策を実施していると言明。感染者ゼロを目指して、蚊を呼び寄せて駆除ができる「バイオジェル」の使用など、新たな対策の検討も行っていると明らかにした。また会合では、州レベルの対策委員会の設立についても同意したとし、感染者をゼロにすることができると確信していると述べた。

政府はデング熱対策および感染者支援に2億4,000万リンギを割り当てているが、追加の割り当ては行わない方針だ。
(ザ・スター、ザ・サン、3月29日)

23日からモンスーン移行期へ、集中豪雨に注意を=気象局

【クアラルンプール】 マレーシア気象局は20日、23日から北東モンスーン期から南西モンスーン期への移行期が始まり、5月中旬まで続くと発表した。

ムハンマド・ヘルミ・アブドラ局長は声明の中で、モンスーン移行期には風の方向が定まらず大気の状態が不安定となるため、集中豪雨や強風、雷雨が発生することがあるとした。特にマレー半島西海岸や内陸部、サバ州西部、サラワク州中央部で午後から夕方にかけて発生する可能性が高いと予想。洪水を引き起こす可能性もあるため、移行期間中には気象局の公式サイトやアプリ、ソーシャルメディアで発信する天気予報や警報などの他、ホットラインに問い合わせるなど常に最新情報を確認して欲しいと呼びかけた。
(ザ・バイブス、ベルナマ通信、3月20日)

新型コロナの感染者数は279人、3日連続で200人上回る

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省の総合情報提供サイト「KKMNOW」によると、9日の新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は279人となり、累計感染者数は504万4,718人となった。
新たに236人が回復し、累計は499万8,455人、死者数はゼロで、累計は3万6,967人を維持した。アクティブ感染者は、前日から43人増えて9,296人。そのうち96.4%が自宅、3.5%が医療機関で療養中となっている。病床使用率は76.6%、ICU病床使用率は62.1%、人工呼吸器使用率は38.6%だった。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,754万3,170人となり、接種率は84.3%。1回目のブースター接種完了者は1,631万6,543人で、接種率は50.0%、2回目が81万2,395人となり、2.5%だった。

新型コロナの感染者数は235人、2日連続で200人超える

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省の総合情報提供サイト「KKMNOW」によると、8日の新型コロナウイルス「Covid-19」感染症の新規感染者数は235人となり、累計感染者数は504万4,439人となった。
新たに216人が回復し、累計は499万8,219人、死者数は1人で、累計は3万6,967人となった。アクティブ感染者は、前日から18人増えて9,253人。そのうち96.4%が自宅、3.6%が医療機関、0.1%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は73.5%、ICU病床使用率は63.2%、人工呼吸器使用率は38.0%だった。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,754万3,055人となり、接種率は84.3%。1回目のブースター接種完了者は1,631万6,155人で、接種率は50.0%、2回目が81万2,026人となり、2.5%だった。

新型コロナの感染者数は226人、4日ぶりに200人超える

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省の総合情報提供サイト「KKMNOW」によると、7日の新型コロナウイルス「Covid-19」感染症の新規感染者数は226人となり、累計感染者数は504万4,204人となった。
新たに202人が回復し、累計は499万8,003人、死者数は2日連続ゼロで、累計は3万6,966人を維持した。アクティブ感染者は、前日から24人増えて9,235人。そのうち96.5%が自宅、3.4%が医療機関で療養中となっている。病床使用率は72.6%、ICU病床使用率は62.2%、人工呼吸器使用率は37.9%だった。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,754万2,960人となり、接種率は84.3%。1回目のブースター接種完了者は1,631万5,835人で、接種率は50.0%、2回目が81万1,678人となり、2.5%だった。

新型コロナの感染者数は188人、3日連続で100人台

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省の総合情報提供サイト「KKMNOW」によると、6日の新型コロナウイルス「Covid-19」感染症の新規感染者数は188人となり、累計感染者数は504万3,978人となった。
新たに181人が回復し、累計は499万7,801人、死者数はゼロで、累計は3万6,966人を維持した。アクティブ感染者は、前日から7人増えて9,211人。そのうち96.4%が自宅、3.5%が医療機関で療養中となっている。病床使用率は71.0%、ICU病床使用率は59.5%、人工呼吸器使用率は36.9%だった。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,754万2,843人となり、接種率は84.3%。1回目のブースター接種完了者は1,631万5,494人で、接種率は50.0%、2回目が81万1,457人となり、2.5%だった。

新型コロナの感染者数は164人、2日連続で200人下回る

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省の総合情報提供サイト「KKMNOW」によると、5日の新型コロナウイルス「Covid-19」感染症の新規感染者数は164人となり、累計感染者数は504万3,790人となった。
新たに198人が回復し、累計は499万7,620人、死者数は1人で、累計は3万6,966人となった。アクティブ感染者は、前日から35人減って9,204人。そのうち96.6%が自宅、3.4%が医療機関で療養中となっている。病床使用率は70.6%、ICU病床使用率は61.2%、人工呼吸器使用率は36.9%だった。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,754万2,747人となり、接種率は84.3%。1回目のブースター接種完了者は1,631万5,265人で、接種率は50.0%、2回目が81万1,230人となり、2.5%だった。

新型コロナの感染者数は244人、3日連続で200人上回る

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省の総合情報提供サイト「KKMNOW」によると、2日の新型コロナウイルス「Covid-19」感染症の新規感染者数は244人となり、累計感染者数は504万3,252人となった。
新たに213人が回復し、累計は499万7,031人、死者数は5人で、累計は3万6,965人となった。アクティブ感染者は、前日から26人増えて9,256人。そのうち96.1%が自宅、3.8%が医療機関、0.1%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は75.7%、ICU病床使用率は65.1%、人工呼吸器使用率は38.1%だった。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は2,754万2,288人となり、接種率は84.3%。1回目のブースター接種完了者は1,631万4,396人で、接種率は50.0%、2回目が81万305人となり、2.5%だった。

洪水で6州の避難者数が2.8万人に増加、ジョホールで死者も

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ネグリ・センビラン、マラッカ、パハン、ジョホール、サバ、サラワクの6州で洪水が発生し、前日9,000人だった避難者数が、2日正午時点で2万8,055人に増加した。ジョホールでは1日、運転中の車が流され、男性1人が死亡した。

国家災害対策庁によると、2日正午時点で、最も避難者数が最も多いのはジョホールで、前日正午の5,878人から2万6,633人に増加。パハンは前日の293人から1,505人、ネグリ・センビランでは同145人から927人、サラワクでは同127人から338人にそれぞれ増加した。サバ、マラッカではそれぞれ108人、49人が帰宅できない状況が続いている。

環境天然資源気候変動省の洪水情報サイトによると、2日正午時点でジョホールで13本、ネグリ・センビランで2本、パハンで2本、マラッカで1本、サラワクで1本の河川が氾濫危険水位を超えた。

マレーシア気象局(MetMalaysia)は2日、パハン州とジョホール州の一部地域では4日まで、甚大な被害を及ぼす大雨が降る可能性があると予想。またトレンガヌやサラワク州でも断続的に降り続けるとして警報を出した。