日本産食品輸出

日本産食品の輸出

日本の食品業者様に対し、マレーシアでの商流構築のサポートを行っております。
オンラインでの市場調査・営業代行も承っております。

日本産食品のマレーシアでの動向をブログで発信

人気記事


マレーシアでの食品ビジネスの魅力

  • 経済成長国

マレーシアの全国民平均年齢は28.6才(2019年)となり、クアラルンプールの町は消費が活発な世代で賑わっています。

  • 高所得層が多い

2020年先進国入りを目指すマレーシアの国民総所得(GNI)は東南アジアの中でも高く、アッパーミドル以上の世帯が多いのが特徴です。

  • 日本食の需要がある

首都圏での日本食レストラン数は2020年現在約1000店舗です。レストラン、スーパーマーケット等で日本産食品が流通しています。

  私たちの実績

  • 商談会実績20回

2013年よりマレーシアで現地バイヤーを招集し、商談会を18回受託し、ビジネスチャンスを創りました。

  • 1500社以上を招致

商談会に関わった企業は1500社以上です。

  • 450社以上のバイヤー

マレーシアでの20年の経験から、450社以上のバイヤーとの繋がりがあり、食品ごとに合うバイヤーを紹介できます。

私たちがサポートします

日本の企業がマレーシアの食品市場へ商品を輸出できるようになるまでサポートいたします。





マレーシア食品市場説明
レーシアでの日本産食品の市場動向を説明し、貴社の商品を販売する場合の戦略を考えます
初回40分web面談
フォームよりお問合せ下さいませ。


営業代行・販路開拓支援
現地バイヤーの生の声を聞くことができます。
①バイヤー選定・サンプル送付
②営業代行・テスト販売
③ご希望の場合web面談でのコンサルティング
価格:1件3万円~(サンプル数が多い場合、価格ご相談に応じます)
市場調査
マレーシアへの輸入手続きや市場の声を把握することができます。

①輸入業者・ライセンスが必要な品目の場合対応業者のリストアップ
②商品に対するアンケート・聞き取り調査
価格:1件2万円~品目種類・数量によりお見積りをしての対応


マレーシアへの食品輸出資料をプレゼント

イスラム教下の取引は難しい?

マレーシアには、マレー・中華・インドなど様々な民族が存在します。マレー系をターゲットにする際にはハラール認証を得る必要があります。
プレゼント資料にはマレーシアの食文化の詳細を記載しました。

バイヤーとの契約締結のポイントは?

バイヤーが商品を気に入っても、契約に至らない2つのパターンを、プレゼント資料で紹介しています。
この他よくある質問
・マレーシアへお酒は輸出できる?
・商流づくりまでの初期費用はどれくらい?
・マレーシア視察は必要か?期間は?
などの質問への回答も記載しました。