1日の接種回数が30万回突破、1回目接種率は20%超に

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ムヒディン・ヤシン首相は、5日の新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチン接種回数が31万3,761回に達し、1日当たりの接種回数目標の30万回を突破したと発表。ワクチン接種プログラムが順調に進んでいると強調した。
7月中の接種目標30万回は6月15日に発表された国家復興計画(NRP)に盛り込まれたもので、8月の目標は40万回となっている。1日の接種回数は6日にはさらに34万43回に増加した。
7月5日までにワクチン接種の1回目を終えた人は658万5,002人、2回目を終えた人は273万5,474人に達した。総人口3,272万人のうち20.14%が1回目、8.37%が2回目の接種をそれぞれ終えた計算になる。
1回目に接種を受けた人数は州別ではサラワク州が123万人と最も多く、これにクアラルンプール(KL)が119万人、セランゴール州が114万人で続いた。2回目の接種を終えた人数はセランゴール州が36万7,895人と最も多く、これにサラワク州が32万6,285人、ジョホール州が29万8人で続いた。

R0値が再び上昇傾向、保健省事務次官が警告

【クアラルンプール】 保健省のノール・ヒシャム事務次官は、新型コロナウイルス「Covid-19」の基本再生産数(R0)がまた上昇傾向にあると警告した。
全国のR0値は6日時点で1カ月ぶりの高水準である1.08となり、前日の1.07から0.01ポイント上昇した。R0値は6月6日から3週連続で1.00を下回り、6月12日は0.90まで下がったが、その後上昇。6月28日から9日連続で1.00を上回った。
6日時点で9つの州及び地域が1.0を超えた。地域別ではプトラジャヤが1.25で最も高く、パハン州が1.18でこれに続いた。5日に第2フェーズに移行したばかりのパハン州のR0値は3日には1.24だったが、4日には1.17にいったん下降、5日には再び1.24に上昇していた。
パハン州以下は、▽クアラルンプール(KL、1.16)▽セランゴール州(1.12)▽ケダ州(1.11)▽マラッカ州(1.08)▽サバ州(1.04)▽ペナン州(1.03)▽ネグリ・センビラン州(1.01)——と続いた。
R0値が1.0以下だったのは、▽ペラ州(0.98)▽ジョホール州(0.96)▽トレンガヌ州(0.94)▽ラブアン(0.91)▽サラワク州(0.89)▽クランタン州(0.82)——の6州・地域。この他、ペルリス州は新規感染者数が2人のみで、R0値は公表されなかった。

今年すでに468人が自殺で死亡=警察統計

【クアラルンプール】 2020年1月から今年5月までの516日間で、1,099人(1日平均2人)が自殺により死亡していたことが警察の統計で明らかになった。今年1月から5月までの5カ月間では、468件だった。
同統計によると、2020年には631件、2019年には609件の自殺が報告されている。2019年以降、男性が281人、女性1,427人と、女性が男性の約5倍となっている。年齢別では、▽15—18歳(872件)▽19—40歳(668件)▽その他(168件)——だった。
州別に見ると、ジョホール州が2019-2020年では101件と最も多かったが、今年1月から5月までの5カ月間ではセランゴール州が最多で117件だった。自殺方法で見ると、▽首吊り(75.1%)▽高層ビルからの飛び降り(13.6%)▽服毒(5.7%)——だった。
自殺の動機としては、家族問題、うつ病、経済的問題が多く、警察は、身近な人に助けを求めたり、カウンセリングサービスを利用することを勧めている。
(ザ・サン、7月1日)

首都圏公立病院の病床利用率、85%に到達

【クアラルンプール】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染者数増加により、首都圏クランバレーの公立病院の現在の病床使用率は85%に達している。アダム・ババ保健相が明らかにした。病床増加や人員再配置などの緊急措置により対応する。
具体的には、クアラルンプール病院(HKL)でコロナ以外の患者を民間病院へ転院させ、より多くのコロナ患者を受け入れられるようにする。マレーシア国民大学小児専門病院、マレーシア・プトラ大学病院、マラ工科大学病院などの病院では、コロナ患者に対応できるよう、人工呼吸器などの設備を有する病床を増やす。
人員については、他の州から医療専門家や救急隊員などの医療従事者を一時的に首都圏に再配置する。ワクチン接種センター(PPV)に配属されている経験豊富な看護師を病院に配置転換し、その代わりにボランティアや実習中の看護学生を医療従事者支援のためにPPVに配置する。
HKLが受け入れたコロナ全患者のうち、71%がカテゴリー3から5にあたる重症患者だった。カテゴリー3は肺感染症状のある患者、カテゴリー4は酸素補給が必要な患者、カテゴリー5は多臓器不全の重症患者でICUでの治療が必要。最新のデータによると、HKLの救急部門では、毎日60-70人のコロナ患者を受け入れており、人工呼吸器が必要なカテゴリー4および5の患者が1日平均3人いるという。
ワクチン接種数も1日平均接種数25万本から30万本まで引き上げ、病院にかかる負担を軽減する。
(フリー・マレーシア・トゥデー、エッジ、7月4日)

ワクチン接種率、1週間で5.8%から7.3%に上昇

【クアラルンプール】 マレーシアでは7月1日現在、総人口の7.3%が新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチンの2回接種を完了した。1週間前の5.8%から1.5ポイント上昇した。
接種回数は、6月25日から7月1日までの1週間で131万回。前週(6月18日-24日)の153万回に比べて減少した。1日あたり接種数が最も多かったのは7月1日の26万3,012回。政府はこれまで7月中に1日あたり20万回、8月中に1日あたり30万回の接種を目標としていた。
7月1日時点で、累計835万回分のワクチン接種が完了しており、内訳としては1回目接種が595万回、2回目接種が239万回。人口の約18.2%が1回目の接種を受け、7.3%が2回目まで接種完了したことになる。
州別では、最も多くの1回目接種を行なっているのがサラワク州で、112万回(人口の39.6%)。次いでクアラルンプールが106万回(人口の59.5%)。2回目接種回数は、セランゴール州が最も多く、31万8,774回(人口の4.9%)、次いでジョホール州の25万6,096回(人口の6.8%)。
他の東南アジア諸国との比較では、シンガポールが人口570万人に対し36.70%と最も高く、▽カンボジア(人口1,695万人に対し18.50%)▽マレーシア(人口3,278万人に対し7.30%)▽インドネシア(人口2億7,636万人に対し5.10%)——が続いている。
■感染者数は増加傾向だが、死者数は減少■
6月26日から7月2日までの1週間の数字で見ると、新規感染者数は4万3,290人(6月19日から25日までの1週間では3万7,445人)。州別ではセランゴール州が最多で1万7,236人。1日あたりの新規感染者数が最も多かったのは7月1日で6,988人。アクティブ感染者数は、前週の6万117人から増加し、6万6,084人。新たに回復したのは3万6,799人で回復率は90.7%。死者数は524人で、前週の527人から減少。死者数が最も多かったのは、6月29日で107人。
保健省によると、1人の感染者が何人に感染を広げる可能性があるかを示す「基本再生産数(R0)」は現在1.06。今年の最高R0は5月23日の1.21だった。
(エッジ、7月2日)

 

新型コロナの1日あたり感染者、7月前半に6千人超が続く恐れ

【クアラルンプール】 保健省のノール・ヒシャム事務次官は、全国の新型コロナウイルス「Covid-19」感染者の基本再生産数(R0)が6月30日時点で1.05に上昇したと発表した。

同氏は、感染症流行の数理モデルである「SEIRモデル」をツイッターに投稿。感染者数が減少傾向から上昇に転じ、7月前半には1日あたり6千人超えが続く恐れがあることを示した。さらに、今後国民のコンプライアンス違反が続き、R0が1.2まで上昇した場合、新規感染者数は7千人の大台を突破する可能性があるという。 全国のR0値は、6月26日(0.97)以降、6月27日に0.99、6月28日に1.00、6月29日に1.04、6月30日に1.05と上昇を続けている。R0が最も高かったのはパハン州で1.19、それに▽プトラジャヤ(1.09)▽マラッカ州(1.09)▽ペラ州(1.08)▽クアラルンプール(1.07)▽ネグリ・センビラン州(1.06)▽セランゴール州(1.05)——が続いている。
6月30日の新規感染者数は6,276人で、2日連続で6千人台。新規感染者数が5日連続で回復者数を上回っているため、アクティブ感染者数も増加し、6万4,129人となっている。
現在の完全ロックダウンである国家復興計画第1フェーズから第2フェーズに移行するための指標は▽新規感染者数が1日平均4千人以下になること▽ICU稼働率を中程度に下げるなど公共衛生システムの危機的状況から脱すること▽総人口の10%のワクチン接種完了——となっている。
(エッジ、6月30日)

新型コロナ、工場での感染者は全体の10%以下=通産省

【クアラルンプール】 通産省(MITI)は、6月1ー23日までに出た新型コロナウィルス「Covid-19」の新規感染者数(13万8,649人)のうち9.3%となる1万2,872人が製造業関連のクラスターだったと明らかにした。64.1%が外国人労働者だった。
完全ロックダウン中でも工場で稼働を続けていることが感染者の増加に繋がっているとして、国民から工場を閉鎖するべきとの声が上がっていることを受けて、MITIは28日、声明を発表した。
MITIが管理する新型コロナウイルスの情報マネジメント・システム(CIMS)によると、6月1ー23日に新たに発生したクラスターは502カ所で、うち328カ所が職場関連のクラスターだった。うち174カ所が製造業で、MITIが稼働を許可している11万7,236カ所の事業者の占める割合は0.15%であるという。製造業以外では、120カ所が職場の敷地内、54カ所がホテルで発生した。
6月23日の新規感染者数は5,244人で、新たに25カ所のクラスターが発生。うち15カ所が職場で発生した。製造業で発生したクラスターは6カ所で、感染者は130人だった。
MITIは製造業が関連する感染者は全体のわずか2.5%にしか過ぎないと説明。企業の協力もあり職場で発生する感染は減少しているが、就業時間外の移動などで未だに感染者が出ているとした。今後も感染者を増やさないために政府も取り組みを実施すると強調企業に対しても引き続き積極的な対策を実施するように呼びかけた
(マレー・メイル、6月28日)

ワクチン接種進む中、職場でのクラスターは増加傾向

【ペタリンジャヤ=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」のワクチン接種が行われているものの、職場におけるクラスター数が増加傾向にあり、封じ込め措置が効果がないとして、怒りの声があがっている。ニュースポータル「フリー・マレーシア・トゥデー」が報じた。

毎日確認されるクラスターのうち、職場は大部分を占めている。新規感染者数は5,000人台に減少したが、死亡者数は依然として多く出ており、死亡者数は累計で5,000人を超えた。1人の患者が何人に感染を広げる可能性があるかを指す基本再生産数(R0)は、過去1週間0.97を維持した。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は先ごろ、首都圏クランバレーでは依然、新型コロナウイルスの散発的発生が増加していると指摘。散発的感染と確認された者のほとんどは感染の症状を示しておらず周囲の人々に無意識に感染症を広げる可能性があるとして標準的運用手順(SOP)の順守を呼びかけた。

ワクチンの投与回数は26日時点で722万6,949回となり、700万回を超えた。1回目の接種を終えたのは520万4,993人、率にして15.9%。2回目は202万1,956人で、6.2%となっている。最も多く新規感染者数を出し続けているセランゴール州では、1回目が接種率が12.6%、2回目が4.1%にとどまっている。首都のクアラルンプールは1回目が51.2%、2回目が9.6%と国の平均を上回っている 。

3度目のワクチン接種必要かを調査=接種調整相

【クアラルンプール】 カイリー・ジャマルディン科学技術革新相(ワクチン接種調整担当)は26日、妊婦向けワクチン接種センターが整備されたマレーシア国際貿易展示センター(MITEC)を視察した際の記者会見で、コロナウイルス「Covid-19」ワクチンがインド発のデルタ変異株に対しどの程度効果があるかの調査を始め、3度目の接種が必要かを研究すると表明した。

工業先進国では3度目の接種の必要性の検討を開始しており、来年分のワクチンの調達に乗り出しているという。

カイリー氏は「来年のことだが、ウイルス予防効果がどのくらい継続するのか、3度目の接種が必要か、必要ならどの時点で開始すべきかに関するデータを集める」と述べた。必要と判断されれば来年のワクチン調達に向けた交渉を開始する 。

政府は妊婦を優先接種の対象にしており、これまでにアプリを利用し約11万人の妊婦が接種を受けるため登録した。

(マレー・メイル、ベルナマ通信、6月26日)

外国人家事労働者の新規受け入れ、年内は困難=人資相

【クアラルンプール】 現在ストップしている外国人家事労働者の新規雇用について、M.サラバナン人的資源相は、年末まで再開はないとの見通しを示した。

サラバナン氏は新型コロナウイルス「Covid-19」抑制に向けて断続的に発令されている行動制限令(MCO)によって新規の家事労働者不足が問題となっていることを認めた上で、5月に主な家事労働者の供給元であるインドネシアのアイダ・ファウジヤ労働相と行なったバーチャル会談で、出来るだけ早期の再開に向けた覚書署名について話し合ったことを公表した。

その上でサラバナン氏は、ジャカルタでのロックダウンを受けて同国との交渉が延期されており、インドネシア労働省職員からも感染者が出ていることから交渉再開はロックダウン終了後になる見込みだと言明した。

サラバナン氏によると、今年2月のムヒディン・ヤシン首相のインドネシア訪問の際、ジョコ・ウィドド大統領との会談で、覚書の早期締結に向けて合意した。マレーシアの外国人家事労働者の大部分はインドネシア人で、今年2月28日時点で7万3,173人に上っている。

(フリー・マレーシア・トゥデー、6月24日)