【クアラルンプール】 テンク・ザフルル財務相は23日、景気対策実行・調整省庁間会議(LAKSANA)に提出した報告書で、景気浮揚策を講じた結果、政府債務は今年末、対国内総生産(GDP)比で上限の55%に達する可能性があるとの認識を示した。
政府は2回にわたり、落ち込んだ景気を回復させるため経済対策を講じ、計450億リンギの財政出動を行った。現在の政府債務は同52%。
今年度の予算赤字は当初、GDP比3.4%を見込んでいたが、現在は5.8-6%に修正している。しかし政府として財政規律は堅持する方針で、3ー4年後をめどに赤字の比率を4%以下にするという。
景気対策には雇用維持のための賃金補助が含まれており、政府は19日までに48億9,000万リンギの交付を承認。240万人の給与所得者が恩恵を受けるという。
4月の失業率は5%。この先、さらに上昇が予想されるという。
(ベルナマ通信、6月23日)

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

コロナ耐性ランキング、マレーシアはなぜ低評価?

マレーシアから日本への一時帰国→入国・隔離生活インタビュー

代表ブログ 11.06

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】