スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシアーシンガポール間における業務渡航・公務出張者を対象とした「相互グリーン・レーン」(RGL)の導入を受け格安航空のエアアジアは、クアラルンプール(KL)ーシンガポール間のフライトを再開した。
8月31日までは毎日11時50分KL発ー13時シンガポール着、13時30分シンガポール発ー14時35分KL着で運航し、9月1日以降は1日5便運航を予定している。
エアアジアは声明の中で、搭乗者はRGLの下で両国が設定した申請を行う必要があり、搭乗前に手続きが不足していないか確認を行うと表明。詳細についてはエアアジアのホームページ(https://support.airasia.com/s/entry-restrictions?language=en_GBから確認できると案内した。また、新型コロナウイルス「Covid-19」感染症も対象としたエアアジア旅行保険(チューン・プロテクト)を16.5リンギから提供すると発表した。
リアド・アスマット最高経営責任者(CEO)は、両国が新型コロナ感染拡大の封じ込めに向けた努力と厳格な規律を講じているとした上で、RGLは両国の経済を復活させるための最初のステップだと言明。また多くの国に「トラベルバブル」や「グリーンレーン」が導入されることを楽しみにしているとし、同社は引き続き他国間とのフライト再開を検討していくと述べた。

 

・ウィークリーコラム

・代表ブログ

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】