【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 中央銀行バンク・ネガラ・マレーシア(BNM)は11日、2022年第3四半期(7ー9月)の国内総生産(GDP)成長率が前年同期比プラス14.2%だったと発表した。労働市場の改善、政策支援、堅調な輸出により前期の8.9%を上回り、4四半期連続でプラス成長となり、2021年第2四半期年ぶりの2桁成長となった。

全てのセクターで成長率は前期を上回った。サービス業は観光業や娯楽業の回復を受けて、プラス12.0%から16.7%に加速。製造は堅調な電気・電子(E&E)部門に支えられて、前期(プラス9.2%)を上回り、13.2%となった。商業・複合開発などの実施により、建設業はプラス2.4%から15.3%に大幅に成長。鉱業も石油・ガスの増産に伴い、マイナス0.5%からプラス9.2%に回復した。人手不足問題を抱える農業も生産量と収穫量が回復したことで、マイナス2.4%からプラス1.2%に転換した。

国内需要はプラス13.0%から13.1%にやや加速。民間消費は15.1%は、前期(プラス18.3%)を下回ったものの、民間投資は13.2%となり、前期(プラス6.3%)を上回った。一方で、公共支出は前期のプラス2.6%から4.5%に加速。プラス3.2%だった公共投資は13.1%に上昇した。モノとサービスの輸出はプラス23.9%(前期10.4%)、輸入も24.4%(同14.0%)となり、それぞれ前期を上回った。

ノル・シャムシア総裁は、今後は世界経済の回復が予想を下回る可能性があることや、地政学的リスクの上昇、金融市場におけるリスク回避、サプライチェーンの再混乱などの影響を受ける可能性があるが、第4四半期も経済成長を維持できると予想。経済成長は、堅調な内需、大規模なインフラ事業、労働市場および観光産業の回復に支えられ、通年の成長率は従来予想の7%を上回るとの見通しを示した。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク