12月の航空旅客数は312万人、コロナ後初の300万人超え

【クアラルンプール=マレーシアBIZ】 空港運営のマレーシア・エアポーツ(MAHB)によると、2021年の国内空港における航空旅客数は前年同期比58.4%マイナスの1,072.4万人となった。12月単月では、前年同月比で2.9倍、前月比1.4倍の311.9万人で、新型コロナウイルス「Covid-19」パンデミック発生以来初めて300万人を超えた。
12月の国際線は前年同月比4.2倍の32.0万人で、国内線は2.8倍の279.9万人だった。
クアラルンプール新国際空港(KLIA)は123.1万人で、前年同月比3.9倍。国際線は4.2倍の31.6万人、国内線も3.8倍の91.6万人となった。
KLIAを除く国内空港は2.5倍の188.8万人となった。国際線は2.5倍の5,000人、国内線は2.5倍の188.3万人だった。
MAHBは、シンガポールとの間で新型コロナウイルス「Covid-19」のワクチン接種を完了した者を対象に隔離なしで双方の出入国を認める「ワクチン接種完了者向けトラベル・レーン(VTL)」と、メッカへの巡礼に伴い、12月は航空旅客数が増加したと説明。また、離発着数も前月比で21%、国際線の運航本数も15%増加し、新型コロナ流行前の41.6%に回復したとした。しかし変異株の出現が今年の見通しを不透明にしているとして、慎重ながら楽観的な見方を持っていると表明。今後も変異株の動向や、ワクチン接種率の有効性、渡航制限に注視していくとした。

タイプーサム、新型コロナ対策で静かな開催

【クアラルンプール】 ヒンドゥー教徒の祝祭タイプーサムが18日、開催された。新型コロナウイルス「Covid-19」オミクロン株感染拡大の脅威を受け、混雑を避けるために少人数ずつの参加となり、金属製神輿「カバディ」を運ぶ苦行が禁止となるなど、標準運用手順(SOP)を守った静かなものとなっている。
12日にハリマー・モハメド国民統合相により発表されたSOPに基づき、パアル・クーダム(ミルクを捧げる行列)、祈祷、戦車の行列のみが許可された。タイプーサムに参加したヒンドゥー教徒は、マレー・メイルの取材に対し、例年の混雑を避けることができ、短時間でお祈りを済ませることができたなどの好意的な感想を寄せたが、カバディの禁止や子供連れでの参拝ができないことについて残念がる声もあったという。
M.サラヴァナン人的資源相は、タイプーサムのSOPについて、インド人コミュニティから不満を訴えるメッセージを多く受け取っているとし、政府はインド人からの信頼を失っていると注意を喚起する一方、インド人コミュニティは、SOPに満足していないものの決められたルールを守ることでその成熟度を示していると強調した。
タイプーサムはヒンドゥー教のムルガン神を称える南インド発祥の祝祭で、タミル暦の第10月(1月-2月)の満月の日に全国のヒンドゥー教寺院で毎年開催されている。最大規模で行なわれるのは首都圏で、クアラルンプールから郊外バトゥケイブまでの約15キロメートルを信者たちが行進する。
(マレーメイル、フリー・マレーシア・トゥデー、ザ・ヴァイブス・ドットコム、1月18日)

オミクロン感染、累計で439人確認

【クアラルンプール】 保健省のノール・ヒシャム事務次官は、1月14日から1月18日の5日間で新型コロナウイルス「Covid-19」オミクロン株の感染者が新たに186人確認されたと発表した。これで累計のオミクロン株感染者は439人となった。
新たに確認された186人のうち41人がセランゴール州で確認されたもので、以下、サラワク州(26人)、ジョホール州(20人)、クアラルンプール(17人)、ペラ州(16人)、ネグリ・センビラン州(12人)、クランタン州及びパハン州(各9人)、ケダ州(8人)、トレンガヌ州(7人)、マラッカ州及びサバ州、ペナン州(各5人)、ラブアン(4人)、プトラジャヤ及びペルリス州(各1人)となっている。
これまでにマレーシアで確認されたオミクロン株感染者439人のうち、385人が海外からの入国者で、54人が市中感染となっている。また422人が散発的で、17人がクラスターに関連した感染となっている。
オミクロン株を含む変異種全体による感染者数は累計6,412人に上っており、デルタ株が5,726人、ベータ株が233人、アルファ株が14人となっている。
変異株の新たな感染者数は、マラ工科大学統合薬理ゲノミクス研究所(iPROMISE-UiTM)、マラヤ大学熱帯感染症研究教育センター(TIDREC-UM)、マレーシア・ゲノム・ワクチン研究所(MGI)、マレーシア・サラワク大学医学研究所(IMR)、健康コミュニティ医学研究所(IHCM-UNIMAS)が確認した。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、1月18日)

マレーシアがRCEPを批准、3月18日から発効

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 日本国外務省は18日、マレーシアが17日付けで地域的な包括的経済連携(RCEP)協定批准のための国内手続を終了し、批准書を寄託者である東南アジア諸国連合(ASEAN)事務局長に寄託したと発表した。
今回のマレーシアの寄託により、RCEP協定は、既に発効済みの▽日本▽ブルネイ▽カンボジア▽ラオス▽シンガポール▽タイ▽ベトナム▽オーストラリア▽中国▽ニュージーランドーー並びに2月1日に発効予定の韓国に加え、3月18日にマレーシアについても発効することとなる。
RCEPは、世界最大の自由貿易協定(FTA)であり、世界人口のほぼ3分の1にあたる22億人以上の市場を有する広域経済圏となると見込まれている。マレーシアでは、アズミン・アリ上級相(兼通産相)が昨年12月中旬までに批准手続きを完了すると明らかにしていた

 

新型コロナの感染者数は3229人、基本再生産数は0.99に上昇

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は19日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は3,229人だったと発表した。累計感染者数は281万7,163人となった。
18日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は、2,568万4,153人で、接種率は78.6%だった。18歳以上の成人接種者数は2,290万9,192人で、接種率は97.9%。ブースター接種完了者は974万4,147人で、接種率は29.8%となった。1人の感染者が何人に感染を広げる可能性があるかを示す基本再生産数(R0/RT)は0.99にアップ。1.00を上回ったのはセランゴール州、サバ州、ジョホール州、マラッカ州、クアラルンプール(KL)、ネグリ・センビラン州、ケダ州だった。
18日には3,093人が回復し、累計治癒者は274万1,355人。死者数は9人増え、累計で3万1,818人となった。アクティブ感染者は、前日から143人増え4万761人。うち82.9%が自宅、9.8%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、6.8%が医療機関、0.4%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。
また新たに17カ所のクラスターが発生。ケダ州とジョホール州で3カ所、パハン州とKLで2カ所、クランタン州、ラブアン、セランゴール州、サバ州、ネグリ・センビラン州、マラッカ州、ペラ州で1カ所それぞれ確認した。これまでに確認されたクラスターは6,235カ所となり、現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は188カ所に増えた。

電気自動車、免税措置で需要が増加傾向に

【ペタリンジャヤ】 2022年度予算で電気自動車(EV)に対する免税措置が発表されて以来、EVを導入する企業が増加傾向にある。
マレー人乗用車輸入・販売業者協会(PEKEMA)のラジャ・ペトラ・マルディン副会長は、テスラの需要が2022年度予算案発表後ほぼ100%増となったとし、今後は充電ステーションなどのEVインフラ整備を優先すべきだと述べた。
BMWグループ・マレーシアのコーポレート・コミュニケーション責任者であるサシ・アンバ氏は、免税措置の発表以来、主に首都圏、ジョホール、ペナンなどからのEV需要が50%以上増加したと述べた。同社は電力会社テナガ・ナショナルや独系シーメンス、高速道路会社などと協力し、需要増に対応するためEV充電ステーションの設置を進めているが、1カ所あたり50万-100万リンギの費用がかかるという。BMWは現在、EVモデルとして「iX」「iX3」「i4」を提供しており、価格帯は20万リンギから40万リンギ。
一方、PEKEMAのラジャ副会長は、2022年度予算案に対し、2-4年の計画ではEV分野が成長するには不十分であり、業界としては最低でも10カ年計画を提案したいと述べた。政府や業界関係者に対し、中国、タイ、シンガポールなど、EV導入に成功した海外の事例を挙げ、EV充電ステーションなどのインフラ整備を提案したという。十分なインフラがあれば、最大の市場である中所得層の人々を取り込むことができ、より多くのメーカーが手頃な価格のEVを提供できるようになると強調した。
2022年度予算で政府は、輸入EVに対しては2023年末までの輸入関税と物品税の全額免除、国内完全組立(CKD)のEVに対しては2025年末までの物品税と売上税の免除を発表している。
(ザ・スター、1月18日)

新興航空会社2社、近く運航を開始

【ペタリンジャヤ】 格安航空会社を含む新興航空会社2社が、運航を開始する予定だ。
「エッジ」によると、1社は超格安航空会社(ULCC)のMYエアライン。旅客および貨物便を運航するための航空運送事業サービス許可(ASL)を12月22日に取得しており、近く運航を開始する予定だ。同社の幹部には、空港運営のマレーシア・エアポーツ(MAHB)の元最高経営責任者(CEO)など、長期に渡り航空産業に関わってきた人物が就任しているという。
航空アナリストの間では、MYエアラインが安い料金でエアバス「A320」型機のリース契約を結んだとして、マレーシア航空やエアアジアを脅かす可能性があるとの見方もある
一方でもう1社は、先ごろASLを取得したSKSエアウェイズで、スバン空港(LTSAAS、正式名スルタン・アブドル・アジズ・シャー空港)からペラ州のパンコール島など国内の短距離路線をターボプロップ機を使って運航する。1月25日に運航を開始する予定だという。
同社は、ジョホール州を拠点にマレーシアと豪州で不動産開発、投資持株、ホスピタリティ、信用融資を事業とするSKSグループにより2017年11月13日に設立された。
(エッジ、フリー・マレーシア・トゥデー、1月17日)

ハイパーマーケットのルル、ジョホールに初店舗を開設へ

【ジョホールバル=マレーシアBIZナビ】 ジョホール州ジョホールバルのトッペン・ショッピング・センターは17日、アラブ首長国連邦(UAE)系ハイパーマーケットのルル・グローサーとテナント契約締結したと発表した。年内にジョホール州初の店舗をオープンする。マレーシア国内では5店舗目となる。
ルル・グローサーは、中東・アジアを中心とした22カ国で223店舗を展開している。店舗では、生鮮食品、イギリスやアメリカからの直輸入品を販売。また、国内中小企業を支援するため、陳列スペースを用意する他、国内ブランドがルルの海外店舗に商品を輸出する機会を提供しており、マレーシアからは100以上のブランドが商品を輸出している。
ルル・グローサーを運営するルル・グループ・リテール・マレーシアのアシフ・モイドゥ・アハメド リージョナル・ディレクターは、今年は5店舗を新規開店する予定だと述べた。セランゴール州とトレンガヌ州でのオープンを計画しているという
トッペン・ショッピング・センターは2019年にオープン。総面積120万平方フィートで、イケア、TGVシネマ、オーストラリア系家電のハーベイ・ノーマンなど、300以上のテナントが入っており、賃貸率は90%。アクティブで健康的なライフスタイルを促進する持続可能な製品やサービスをテナントの43%以上にすることを目指しており、グルテンフリー、シュガーフリー、無添加、保存料不使用などの輸入食品を幅広く取り揃えるルルグローサーとの提携に至った。立体駐車場の設置も進めており、今年第4四半期の完成を予定している。

高齢者対象の予約なし追加接種、19日より可能に

【クアラルンプール】 保健省は17日、新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチンの追加接種を迅速に進めるために、19日から高齢者を対象に首都圏クランバレーにある統合ワクチン接種センター(PPV)4カ所で予約なし接種を開始すると発表した。
予約なし接種を受け付けるのは▽ワールド・トレード・センター(クアラルンプール)▽アシアタ・アリーナ(ブキジャリル)▽アイデアル・コンベンションセンター(シャアラム)▽創価学会ホール(クラン)  。創価学会ホールのみが正午から午後4時まで、それ以外の3カ所は午後2時から午後8時まで受け付ける。
またその他のセランゴール州の地域、クアラルンプール、プトラジャヤ、ネグリ・センビラン州、マラッカ州、ペナン州、サラワク州のPPVオフサイトでも、1月24日から高齢者向けの予約なし接種を受け付ける。詳細はプロテクト・ヘルス・コーポレーションが発表する。首都圏のPPVにおける予約なし接種は1月4日より認められなくなっていた。
保健省によると、これまでにマレーシアの成人人口の40%、18歳以上の936万4,326人が追加接種を受けた。
(ザ・スター、マレー・メイル、ベルナマ通信、1月17日)

新型コロナの感染者数は3245人、再び3千人上回る

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は18日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は3,245人だったと発表した。前日は2021年4月21日以来の最少となったが、再び3,000人を上回った。累計感染者数は281万3,934人となった。
17日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は、2,568万1,131人で、接種率は78.6%だった。18歳以上の成人接種者数は2,290万6,072人で、接種率は97.8%。ブースター接種完了者は960万9,454人で、接種率は29.4%となった。1人の感染者が何人に感染を広げる可能性があるかを示す基本再生産数(R0/RT)は0.98にダウン。1.00を上回ったのはセランゴール州、サバ州、マラッカ州、クアラルンプール(KL)、ネグリ・センビラン州だった。
17日には、2,907人が回復し、累計治癒者は273万8,262人。死者数は16人増え、累計で3万1,809人となった。アクティブ感染者は、前日から581人減少し4万618人。うち82.7%が自宅、9.3%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、7.6%が医療機関、0.4%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。
また新たに6カ所のクラスターが発生。ジョホール州で2カ所、セランゴール州とKLを跨いだ教育機関関連のクラスターの他、マラッカ州、ケダ州、ネグリ・センビラン州でそれぞれ1カ所確認した。これまでに確認されたクラスターは6,218カ所となり、現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は177カ所に増えた。