【クアラルンプール】 イオン・カンパニー(M)は23日、第3四半期(7ー9月)決算で1,097万リンギの純利益を計上したと発表した。前年同期は新型コロナウイルス「Covid-19」感染拡大防止のための行動制限令(MCO)の影響で1,867万リンギの純損失を計上していた。

イオンがブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)に宛てた声明によると、第3四半期の売上高は、前年同期比30.8%増の9億8,201万リンギ。そのうち小売事業が8億2,620万リンギで、経済活動の再開や国境再開の後押しを受け、前年同期から30.5%増となった。

年初9カ月の売上高は前年同期比16.7%増の30億7,030リンギ。純利益は6倍の8,632万リンギだった。

イオンは今後の見通しとして、消費者需要が増加する一方、グローバル・サプライチェーンの問題が複合的に発生し、インフレ圧力が高まっているとし、持続的な経営のため価格とサプライチェーン戦略を積極的に管理していくとコメント。「イオン・リビングゾーン」では、オンラインとオフラインのショッピング体験を統合し、健康に関する提案を進め、ポイントプログラムやモバイルアプリを通じて、顧客との関係を深めることに注力するとした。また、テナントやサプライヤー、グループ企業と協力し、顧客体験価値を最適化することでサプライチェーンリスクを軽減し世界的なインフレ圧力に対する緩衝材として活用していくという。
(エッジ、11月23日、イオン発表資料)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク