【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 統計局が発表した「環境統計概要2022」によると、2021年12月から2022年1月にかけて発生した大規模洪水による損害額は61億リンギだった。

モハマド・ウジル首席統計官によると、61億リンギは名目国内総生産(GDP)の0.4%に相当する。気候変動により自然災害の発生パターンが変化したことで、大規模な洪水が発生した。また昨年は、行動制限令(MCO)の緩和や国家復興計画(NRP)による環境への影響が見られた。

大気汚染物質排出量が減少したことで、大気汚染指数 (API) が改善した。汚染物質排出量が最も多かったのは自動車で前年から27.0%減少した。それに発電所(マイナス10.0%)、工業(マイナス20.8%)が続いた。2021年の平均気温は15.7ー33.2度で、前年の15.9ー33.5度より低下した。

一方で、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染拡大に伴い、医療廃棄物は2020年から43.9%増加し57.4万トンとなった。最多はセランゴール州(1.3万トン)、2番目がサラワク州(8.3万トン)、3番目がクアラルンプール(5.9万トン)だった。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク