【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 眼鏡フレームメーカーのシャルマン(本社・福井県鯖江市)は24日、シンガポール・マレーシア・インドネシアにおいて現地代理店を子会社化し、韓国において現地販売子会社を新設することを決めたと発表した。アジアでの販売を強化する。

同社は、マレーシア、シンガポール、インドネシアにおいて事業を展開するシンクワァン・ホールディング社(本社・シンガポール)が保有する眼鏡卸部門の100%株式を取得し子会社化する契約を締結した。同契約に基づく株式譲渡は2022年末までに完了し、2023年1月1日からシャルマンによる事業運営を開始する予定だ。

一方で韓国においては、現在の代理店を通じた販売は2022年中に終了し、来年1月1日より100%子会社の販売現地法人、シャルマン・コリアによる直販を開始する。現法はソウルに本社、大邱には支社を設置する予定だ。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク