【クアラルンプール】 マレーシア通信マルチメディア委員会(MCMC)は19日、今年第2四半期の第5世代移動通信(5G)ネットワークの人口カバー率が27%、第4世代移動通信(4G)が95.82%に達したと発表した。

MCMCが四半期ごとに発表している国家デジタル・ネットワーク計画(JENDELA)の第1期(2020年ー2022年)に関する報告書によると、5Gの基盤整備を実施する国営企業デジタル・ナショナル(DNB)は、2021年第4四半期より5Gのネットワーク展開を開始しており、2022年年末までに37%に引き上げることを目指している。首都圏クランバレーやサイバージャヤ、プトラジャヤなどでは大きな問題はないものの、州レベルでは官僚主義的手続きが行われている影響で5Gの展開に時間がかかっており、改善の余地があるという。第2四半期時点の平均速度は47.05メガビットに達し、目標の35メガビットを上回る速さを確率した。第1期の実施には当初200億リンギを割り当てていたが、280億リンギに膨らんだという。

JENDELA第2期(2022年末ー2025年)については、MCMCは投資配分を調整中で、次の報告書で詳細を公表できる見通しだとした。
(ベルナマ通信、マレー・メイル、エッジ、9月19日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク