スポンサードリンク

【クアラルンプール】 復興のための行動制限令(RMCO)への移行に伴い、ショッピングモールでの客足が50ー70%回復している。
マレーシア・ショッピングモール協会(PKK)のテオ・チアンコック会長は、シンガポール紙「ストレーツ・タイムズ」の取材に対して、行動制限令(MCO)が施行された3−5月の小売業界の損失額は18億リンギに上るが、客足の回復に伴い、売り上げは最大40%回復していると明らかにした。
またマレーシア全土に7つのショッピングモールを運営するサンウェイ・モールズ・アンド・テーマパークスのHCチャン最高経営責任者(CEO)も、すべてのモールで来店客数が60ー70%戻りつつあり、テナントの売り上げが30ー40%回復しているとコメント。娯楽やレジャー・セクターで営業が再開されたことで更なる集客が見込めるとした上で、2020年末までに客足が75ー85%まで回復するとの楽観的な見方を示した。
8月31日までのRMCO施行期間においてマレーシア政府は、▽人数制限▽体温チェック▽連絡先追跡の登録ーーなど条件に企業活動の再開を認めている。
新型コロナウイルスの影響でマレーシアの国内総生産(GDP)成長率は鈍化が見込まれており、世界銀行は先ごろ、今年通年の成長率予想をマイナス3.1%に下方修正した。
(マレー・メイル、7月1日、ストレーツ・タイムズ、6月26日)

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

旅行業界、コロナ時代の生き残り策(前)

新型コロナウイルス、ASEANの状況

代表ブログ 10.01

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】