スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 毎年恒例のマレーシア国内最大級のハラル食品見本市「マレーシア国際ハラルショーケース(MIHAS)」が今年は中止となり、次回は2021年下半期に行なわれることが決まった。

 正式な日程は新型コロナウイルス「Covid-19」感染状況をみながら後日決定する。今年は当初4月1—4日の日程でクアラルンプール(KL)で開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大により9月1—4日への延期が発表されていた。

 主催するマレーシア外国貿易開発公社(MATRADE)は中止の理由について、世界46カ所ある海外事務所を通じて外国の出展者やバイヤー、見学者に意向を聞いたところ、マレーシア渡航を含めMIHAS参加への準備が出来ていないとの回答が多かったと説明した。MIHASでは日本貿易振興機構(ジェトロ)が毎年「ジャパンパビリオン」を設置して日本産ハラル食品の売り込みを行なっていた。

 政府は6月10日から8月31日までを復興に向けた行動制限令(RMCO)として、標準的運用手順(SOP)遵守を条件に250人以下の会議・集会などを認める方針を示していたが、国境封鎖の継続を受けて続々と国際的大型イベントの延期が発表されている。

 マレーシア自動車・ロボティクス・IoT研究所(MARii)は、「マレーシア・オートショー2020」の開催を来年4月に延期すると発表している。

 

・ウィークリーコラム

・代表ブログ

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】