スポンサードリンク

【クアラルンプール】 小売リサーチを手掛けるリテール・グループ・マレーシア(RGM)は、今年の小売業の売り上げ予想をマイナス8.7%に下方修正した。4月にもプラス4.6%としていた予想をマイナス5.5%に変更していた。
RGMが発表した7月の小売業界レポートによると、今年第1四半期の売り上げは前年同期比11.4%減少した。第2四半期は28.8%のマイナスとなったと見込まれており、4月のレポートの予想であるマイナス9.3%を下回ったことが予想されている。中でもデパート・スーパーマーケットの売り上げが40.9%減となったと予想されている。スーパーマーケットやハイパーマーケットの売り上げはマイナス14.8%と予測されており、今後数カ月内に大幅改善することは難しいという。またファッション・アクセサリーの売り上げはマイナス39.3%、薬局・パーソナルケアの売り上げはマイナス18.4%となった予想だ。
RGMは、行動制限令(MCO)が段階的に解除されたことを受け第3四半期はマイナス3.5%に縮小すると予想。10月に完全にMCOが解除された場合、第4四半期はマイナス1.5%となり、穏やかに回復するとの予測を示した。
(ザ・サン、7月14日、ベルナマ通信、7月13日)

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

旅行業界、コロナ時代の生き残り策(前)

新型コロナウイルス、ASEANの状況

代表ブログ 10.01

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】