【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 統計局は15日、2020年の総人口が3,265万人7,300人となり、前年比0.4%増加したと推定されると発表した。昨年の増加率も0.4%だった。
総人口のうち、マレーシア人が2,969万6,900人で、残りは外国人296万400人となる。 マレーシア人の増加率は1.1%となる見通し。外国人については、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための行動制限令が敷かれたことで、渡航制限などにより帰国者が増加したことからマイナス5.9%となる予想だ。
性別では、男性が1,680万人、女性が1,590万人となり、男女比は106対100となる。
年代別では、0ー14歳が23.3%、15ー64歳が69.7%、65歳以上が7.0%となり、中央値は29.2歳で昨年の28.9歳から上昇が見込まれている。
民族別では、ブミプトラ(マレーシア人と先住民の総称)がもっとも多く69.6%、中国系が22.6%、インド系が6.8%、その他が1.0%となる見込みだ。昨年はブミプトラが69.3%、中国系が22.8%、インド系が6.9%、その他が1.0%だった。

【マレーシアBIZナビ14日間無料試読のご案内】

スポンサードリンク