スポンサードリンク

【クアラルンプール】 リテール・グループ・マレーシア(RGM)によると、今年第2四半期(4—6月)の小売業売り上げは新型コロナウイルス「Covid-19」感染拡大および行動制限令(MCO)発令の影響で前年同期比で30.9%減少した。予想の28.8%減を上回り、四半期ごとの変動幅としては1987年以来、 最大の大幅ダウンとなった。
サブセクターではデパート部門の売り上げが62.3%減少。ファッションや装飾品店舗はマイナス44.2%となった。玩具やメガネを扱う専門店の売り上げは40.9%減、イオンのようなデパート兼スーパーの店舗ではマイナス34.6%となった。
行動制限令中も営業を認められていた薬局やパーソナルケア販売店の売り上げも26.2%ダウン、スーパーやハイパーマーケットでは9.9%減となった。
第3四半期の売り上げについてRGMは、マイナス3.4%を予想。今年通年の売り上げについては、当初8.7%減を見込んでいたが、復興のための行動制限令(RMCO)が12月31日まで延期されたことを受けて、RGMはマイナス9.3%に下方修正した。
(エッジ、フリー・マレーシア・トゥデー、9月2日)

 

・ウィークリーコラム

・代表ブログ

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】