スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は23日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数が前日から147人増えて1万505人になったと発表した。9月11日ぶりに新規感染者数が3ケタに上った。
新規感染者のうち143人が国内感染者で、サバ州(134人)、ケダ州(5人)、セランゴール州(2人)、クアラルンプール(KL、1人)、クランタン州(1人)で確認された。残り4人はインドとインドネシアで感染した帰国者だった。新たに39人が退院し治癒者数は9,602人に増加した。死者数は3人増えて133人となった。
保健省のノール・ヒシャム事務次官によると、サバ州センポルナで新たなクラスター「バンガウバンガウ・クラスター」が発生した。感染者はマレーシア人4人と外国人1人の合計5人。センポルナ病院でのスクリーニング検査で検出された。同院は消毒や洗浄などの予防策を講じ通常通り営業している。同州では他にも複数のクラスターが発生しており、ラハダトゥ警察署が関連する「ベンテンLDクラスター」では感染者数が624人(マレーシア人324人、フィリピン人197人、インドネシア人103人)に増加した。クナクの「プラウ・クラスター」は35人、センポルナの別のクラスターである「セラマット・クラスター」は6人に上った。
サバ州でクラスターが増加していることについてノール事務次官は、感染状況が制御下にあるとし、26日に投開票が行なわれるサバ州議会選挙についても延期する必要はないと述べた。

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

首都圏でのCMCO実施の経済的影響は(1)

旅行業界、コロナ時代の生き残り策(前)

代表ブログ 10.01

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】