スポンサードリンク

【サイバージャヤ】 世界保健機関(WHO)は、マレーシアの新型コロナウイルス「Covid-19」の取り組みについて、感染者の急増に対応する準備はできていると讃えたものの、弱点があるとの見解を示した。
マレーシア、ブルネイ、シンガポール地域の代表であるのジャクリーン・ロー博士はベルナマ通信との独占取材でマレーシアの新型コロナの対策について答え、次の感染拡大に対応できる準備はできていると評価。しかし拘留所を例に出し、閉鎖された場所での感染予防対策への懸念を示した。民間医療セクターでの意識向上のための監視体制の強化が必要だと指摘。政府が推奨する措置が実際に実施されているかどうかを確認する必要があるとし、非常に注意深く監視する必要があると述べた。
ロー博士は、ほとんどの感染者は無症状であると言明。非常に軽度の症状しかでない人もいて、検査を実施する時期を決めるには非常に判断が難しいとし、民間の医療施設に断続的に最新の知識を知らせることが必要だと述べた。また検査に関しては、症状のある人のみならず誰でも受けられる体制が整っていることを評価。ワクチンが完成し手に入るようになっても、予防策を続けることが大切だと述べた。
(ベルナマ通信、9月22日)

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

首都圏でのCMCO実施の経済的影響は(1)

旅行業界、コロナ時代の生き残り策(前)

代表ブログ 10.01

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】