スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は2日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数が前日から287人増えて1万1,771人になったと発表した。1日の新規感染者数としては、6月4日の277人を抜いて過去最多となった。

  新規感染者は全員国内感染者。ケダ州が最も多く129人で、サバ州は113人だった。新たに81人が退院し治癒者数は1万95人に増加した。死者数はゼロで136人を維持した。

  保健省のノール・ヒシャム事務次官によると、国内で新たなクラスターが4つ発生した。一つ目はセランゴール州クランの「メル・クラスター」で、30歳のマレーシア人男性から感染が広がった。クラスター内の感染者数は3人で全員マレーシア人。二つ目のクラスターはサバ州タワウの「ジョー・ファ・クラスター」。31歳のマレーシア人男性が関連しており、これまでにマレーシア人4人が感染した。三つ目はプトラジャヤの「セラシ・クラスター」。サバ州コタキナバル、メランカップ、クンダサングへの旅行歴がある37歳のマレーシア人と、それに関連する6人が陽性と診断された。四つ目はケダ州バリンとランカウイで拡大する「バハ・ケティル・クラスター」で、第一感染者は9月17-21日間においてサバ州タワウを訪れていた。関連する8人(うち5人は外国人)が感染した。

 ノール事務次官は1日、国内で新たな感染の波が発生していると言明。国民一人一人が標準業務手順(SOP)の厳守すれば再び感染曲線を平坦化できると強調し、「ステイホーム」が感染抑制への最善策であると述べた。

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

首都圏でのCMCO実施の経済的影響は(1)

旅行業界、コロナ時代の生き残り策(前)

代表ブログ 10.01

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】