スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は6日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数が前日から691人増えて1万3,504人になったと発表した。新規感染者が2日連続で過去最多を更新した。

新規感染者のうち688人が国内感染者。▽ケダ州(397人)▽サバ州(219人)▽セランゴール州(38人)▽ペラ州(8人)▽ネグリ・センビラン州(7人)▽ジョホール州(6人)▽クアラルンプール(KL、4人)▽サラワク州(3人)▽ペナン州(3人)▽プトラジャヤ(1人)▽トレンガヌ州(1人)▽ラブアン(1人)ーーでそれぞれ確認された。残り3人は海外で感染した帰国者だった。新たに87人が退院し治癒者数は1万427人に増加した。死者数は新たに4人増えて141人になった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官によると、基本再生算数(R0)が1.5となった場合には10月31日には1日の新規感染者数が1,500人に増加、R0が2.2に達した場合には4,500人になる。

1.86と仮定すると10月10日には累計感染者数が2万人を突破す

ノール事務次官は5日、新たに3つのクラスターの発生を確認したと明らかにした。国内のアクティブ・クラスターはこれで37つとなった。

トレガンヌ州クアラネルスで発生した「バハ・タンジュン・クラスター」は、9月10日ー27日においてサバ州センポルナを訪れた46歳男性が関連している。同男性は9月28日に咳と発熱を発症し、9月30日に陽性であることを確認した。クラスター内の感染者数は6人となった。

ケダ州クバンパスでは「バハ・シントク・クラスター」と「ジェラム・クラスター」が発生。「バハ・シントク・クラスター」の第一感染者は9月20日にサバ州から入州した23歳男性で、9月22日に発熱と頭痛を発症し、10月2日に感染を確認した。クラスター内の感染者は11人に上った。「ジェラム・クラスター」は9月25日に喉の痛みと頭痛を訴えた31歳女性が関連しており、これまでに接触者3人の感染が確認された。

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

首都圏でのCMCO実施の経済的影響は(1)

旅行業界、コロナ時代の生き残り策(前)

代表ブログ 10.01

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】