スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)は7日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者が増加しているセランゴール州クランなど4カ所について、10月9日より条件付き行動制限令(CMCO)を発令すると発表した。

CMCOが発令されるのは、感染者数が40人を超えてレッドゾーンに指定されたクランとサバ州のサンダカン、パパル、トゥアラン——の計4地区。期間は14日間で、国家安全委員会(NSC)が決定した。他の地域からの往来は、必需品配送目的で、且つ警察の許可を持っていない限り禁止される。

雑貨店やスーパーマーケット、飲食店、医療機関、ガソリンスタンドなどの必需サービスのみは営業を許されるが、営業時間は午前6時から午後6時までに制限される。また飲食店はテイクアウトのみとなる。スポーツ活動、社会活動、レクリエーション活動は禁止され、夜市や教育機関、保育所、宗教施設は閉鎖される。

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

首都圏でのCMCO実施の経済的影響は(1)

旅行業界、コロナ時代の生き残り策(前)

代表ブログ 10.01

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】