スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア投資開発庁(MIDA)は8日、外国からのビジネス訪問者のマレーシア渡航を支援するためにワン・ストップ・センター(OSC)を設立。10月2日より運用を開始したと明らかにした。
OSCは交易や投資目的でマレーシアに入国する資格のあるビジネス訪問者の申請を評価および承認を行なう機関で、出入国管理局、保健省、通産省の代表が加わりMIDAが運営する。
企業幹部や不可欠な要員が円滑にマレーシアに渡航し業務を行なうことを可能にするためのもので、入国前のビジネス訪問者の合法性と健康状態を確保する。
ビジネス旅行者は標準的運用手順(SOP)及び隔離などのその他の必要条件を遵守している証拠を提示する必要がある。希望者はMyEntryウェブサイト(https://myentry.myxpats.com.my)を通じて申請する。これまでに同OCSに221件の申請があり、うち207件について承認したという。
MIDAによると、今年2020年1—6月の製造、サービス、一次産業における投資額(認可ベース)は648億リンギに達し、うち外国直接投資(FDI)は30.2%に当たる195億リンギを占めた。

 

・ウィークリーコラム

・代表ブログ

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】