スポンサードリンク

【アロースター】 新型コロナウイルス「Covid-19」のために運航休止となっていたランカウイ島と本土側のクアラ・ペルリスを結ぶフェリーサービスが、2月27日から毎日1往復再開される。
フェリー運航を手掛けるコンソーシアム・フェリー・ライン・ベンチャーズのバハリン・バハロム人事・運航マネジャーによると、運航スケジュールはクアラ・ペルリス発が午前11時30分で、ランカウイ発は午後2時となっている。また毎日1往復しているランカウイ—クアラ・ケダ間のフェリーについても、近くもう1往復増やす方針だ。
新型コロナによる移動規制が敷かれる前には、ランカウイ—クアラ・ペルリス間は1日10往復、ランカウイ—クアラ・ケダ間は同8往復運航されていた。
(マレーシアン・リザーブ、2月25日)