【クアラルンプール】 アレクサンダー・ナンタ国内取引消費者行政相は、26日より小売業の従事者を対象とした新型コロナウイルス「Covid-19」感染症のワクチン接種を開始すると発表した。
レストラン、ガソリンスタンド、スーパーマーケット、デパート、理髪店、美容院、ショッピング複合施設、配送センターなどで働くレジや営業、マネジメントなどに携わる職員を対象にした小売業ワクチン接種プログラムの下で、クアラルンプール(KL)の「シティテル・ミッドバレー・シティ」にワクチンセンターを開設、KLで働く約3万1,000人にワクチン接種を行う。1日当たり1,500人へのワクチン投与を目指す。小売業従事者を対象にしたワクチン接種は今後様々な地域でも実施する計画だ。ワクチン接種を進めることで、消費者は安心して買い物や店舗での飲食をが可能になると期待されている。
国内取引消費者行政省は小売業従事者と対象としたワクチン接種の受付を5月26日に開始。これまでに全国の1,396社から18万6,245人のワクチン接種の申し込みを受け付けた。今後申し込みはさらに増える見通しだ。
(ベルナマ通信、エッジ、フリー・マレーシア・トゥデー、7月12日)

スポンサードリンク