官民連携の産業ワクチン接種が開始、職場での感染を抑制

【クアラルンプール】 新型コロナウイルス「Covid-19」の官民連携の産業ワクチン接種プログラム(PIKAS)が16日に開始した。

PIKASの第1期では製造業のサブセクターの従業員が対象で15万回分のワクチンが割り当てられている。これまでに約500社から約10万6,000人がワクチン接種を申し込んだ。

半導体メーカー、米系テキサス・インツルメンツ(TI)で行われたワクチン接種を視察したムヒディン・ヤシン首相は、15日に発表した国家復興計画(PKP)の第1段階では、集団免疫の達成を目標に掲げていると言明。PIKASにより予防接種の促進に繋がるとして期待を示した。また職場が主な感染源となっていることに触れ、特に工場や宿舎で感染者を多く出していると指摘。雇用主が「1990年労働者住宅・設備法」(第446法)を順守していないことの表れだとした。

アズミン・アリ上級相(通産相兼任)によると、TIでは2,371人の従業員のうち16日は300人が接種を受けた。17日にはペナン州のブキ・ジャウィ・ゴルフ・リゾートでワクチン接種がスタートする。21カ所の工場で働く約1万6,402人がワクチン接種を受ける予定だ。18日にはジョホール州ペンゲランにおいてペトロナスの従業員5,123人へのワクチン接種が開始する。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、6月17日、フリー・マレーシア・トゥデー、6月16日)

中国政府、マレーシアへシノバック製ワクチン50万本を供与

【クアラルンプール】 ヒシャムディン・フセイン外相は、中国政府が科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチン50万本をマレーシアに供与すると発表した。

同相は、今回の供与はタイムリーであり、現在進行中のワクチン接種プログラムの強化に役立つと感謝を表明した。

現在、集団免疫の獲得のためにワクチン接種が急がれており、7月以降1日当たり20万人、8月以降は30万人以上の接種が目標として掲げられている。 (エッジ、東方日報、6月16日)

1日あたりワクチン接種回数が20万回を突破

【クアラルンプール】 ワクチン供給アクセス保証特別委員会(JKJAV)が発表した最新のデータによると、6月15日の新型コロナウイルス「Covid-19」接種回数は21万5,876回だった。1日の接種回数が初めて20万回を突破した。

内訳としては、16万226人が1回目、5万5,650人が2回目の接種を受けた。7日間移動平均は15万9,141回、累計では490万回の接種を完了。147万人が2回接種を完了済で、197万人が1回のみ接種となっている。

1回目の接種を受けた人数は、クアラルンプールが最も多く59万7,419人だった。それに▽セランゴール州(51万5,132人)▽サラワク州(39万281人)▽ジョホール州(32万2,644人)▽サバ州(26万7,001人)ーーが続いた。

2回目の接種を完了した人数は、セランゴール州が最も多く18万7,443人だった。それに▽サラワク州(16万8,471人)▽ジョホール州(14万2,868人)▽ペラ州(13万9,612人)▽クアラルンプール(13万1,882人)ーーが続いた。

国内で最も人口の多いセランゴール州では、7月には1日あたり13万5,000人、8月には16万5,000人と、ワクチン接種数を増加させ、9月までに接種率80%を達成する計画だ。 (エッジ、6月16日)

非常事態宣言、統治者会議が延長しないよう提言

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 アブドラ国王の呼び掛けで緊急統治者会議が16日に招集され、8月1日に期限を迎える非常事態宣言を延長しないことなどからなる提言をとりまとめ発表した。

統治者会議に先立ってアブドラ国王は各党派や警察や軍、保健分野などのトップ18人を個別に呼んで意見を聞いており、これに基づき宣言を延長しない方針や早期の国会再開を求めることなどを統治者会議で提案した。統治者会議の出席者らもこれを全面的に支持したという。

統治者会議の事務方トップであるサイド・ダニエル・サイド・アハマド印章管理人によると、統治者会議は人々の生活と生計を他の何よりも優先しなければならないという意見で一致しており、国会だけでなく州議会の開催も直ちに許可するべきとの国王の提案を支持した。

また統治者会議は、政治的対立を緩和すべきとした上で安定政権の重要性を強調。行政、立法、司法の各部門間のチェックとバランスのメカニズムを尊重し、特に財政に関連する問題において透明性を担保し説明責任を果たす統合された行政を保証することが重要だとの認識を示した。

統治者会議の発表を受け、首相府は17日、統治者会議の見解に留意し、憲法・法律に基づいて必要な措置を講じるとの声明を発表した。

新型コロナの新規感染者数は5738人、セランゴール州が最多

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は17日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が5,738人となったと発表した。アクティブ感染者数は6万6,097人で、累計感染者数は67万8,764人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く1,858人だった。それに▽ネグリ・センビラン州(1,086人)▽クアラルンプール(KL、641人)▽サラワク州(559人)▽ジョホール州(449人)▽サバ州(248人)▽ケダ州(197人)▽マラッカ州(184人)▽クランタン州(154人)▽ラブアン(97人)▽ペナン州(97人)▽トレンガヌ州(77人)▽パハン州(54人)▽ペラ州(30人)▽プトラジャヤ(7人)ーーが続いた。新たに7,530人が回復し、累計治癒者は60万8,465人となった。死者数は60人で、累計で4,202人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は16日、過去2週間の新規感染者数は減少したが、集中治療室(ICU)で治療を受ける患者数には大きな変化がなく、使用率は100%を超えたままだと懸念を表明。一方で19カ所のクラスターを新たに確認したと明らかにした。

職場では最も多い10カ所のクラスターを確認した。またコミュニティで5カ所、高齢者施設で4カ所のクラスターが発生。州別ではセランゴール州で最も多い6カ所のクラスターが発生した

感染した外国人を荷台に満載、トラックと工場長を摘発

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」に感染した外国人労働者48人を荷台に満載して走っている不審なトラックが13日午後、ケダ州スンガイペタニで目撃され、通報を受けた警察に摘発される出来事があった。

クアラ・ムダ警察によると、スンガイ・ラランにある鶏肉処理工場で感染者が出たことを受け、同保健所は立ち入り検査を実施。陽性反応が出た135人の外国人労働者にピンクのリストバンドを装着させた上で、専用バスでクアラ・ムダにある病状評価センターまで連れてくるよう雇用主に命じていた。

しかし雇用主はバスの代わりになぜかトラックを手配。トラックは3回に分けて労働者を宿舎から評価センターまで運んだしかしピンクのリストバンドを付けた異様な集団がトラックの荷台に載せられている様子は他のドライバーや通行人の目を引き、彼らによって撮影された動画が拡散し大騒ぎになったらしい。

この騒ぎで工場長は命令に従わなかったとして「1988年感染症予防管理法」違反に問われ、片棒を担いだ格好となったトラックの運転手は「1987年道路交通法違反」に問われている。

HSBCマレーシア、12月31日付で13支店を閉鎖

【クアラルンプール】 HSBCマレーシアは15日、12月31日付で13カ所の支店を閉鎖すると発表した。

HSBCが発表した声明によると、閉鎖するのは▽ビントゥル▽ラブアン▽アローセタル▽キャメロンハイランド▽クアラ・トレンガヌ▽テルク・インタン▽バトゥ・パハ▽ベントン▽ラウブ▽イナナム(サバ州)▽セナワン▽スンガイブロー▽ゴンバックーーにある支店。

閉鎖の理由についてHSBCは、マレーシアにおいて未来を見据えた変革を行い、デジタルバンキングにおけるプレゼンスを強化を図るとして、支店数を減らすことを決めたと説明。2021ー2023年にかけてデジタル化や新技術の導入に1億6,000万リンギを投資する計画もあるとした。

顧客は最寄りの支店やATM、テレフォンバンキング、「HSBCマレーシア・モバイル・バンキング・アプリ」や「HSBCオンラインバンキング」などのデジタルバンキングを利用することで、継続してサービスを利用することができる。HSBCは閉鎖予定の支店の利用者には、最寄りの支店に関して通知すると説明。口座番号などは変更しないとした。

銀行員労働組合(NUBE)は3日、HSBCが過去6年間で3回目となる自主的分離スキーム(VSS)および相互分離スキーム(MSS)の実施を計画していると主張。約600人が職を失うとして懸念を表明していた。

(フリー・マレーシア・トゥデー、マレーシアン・リザーブ、6月15日)

米ファイザー製ワクチン、12歳以上にも接種へ

【ペタリンジャヤ】 新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチンについて、米ファイザー製ワクチンの12歳以上への接種が医薬品管理庁(DCA)により承認された。

現在、コロナワクチンは18歳以上のみ接種可能。一方、8月から開始予定のワクチン接種プログラム(NIP)第5フェーズでは、12歳から17歳までが接種対象に含まれるため、この年齢層向けのワクチンが必要とされていた。

1回の接種で済む康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)と米ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンについても条件付きで登録が承認された。ワクチンの品質、安全性、有効性に関する情報を最新のデータに基づき評価していく。 (ザ・スター、フリー・マレーシア・トゥデー、6月15日)

国家復興計画、新たな政策打ち出されず国民から不満の声

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ムヒディン・ヤシン首相が15日、年内の新型コロナウイルス「Covid-19」禍から正常化に向かう道のりを示す「国家復興計画」を発表したが、「道筋」とその指標が示されただけで、政府の具体的な対策について言及がなくネット上では批判の声が相次いでいる。

ネット上ではまず第2フェーズに移行するための目安とされる「1日の新規感染者が4千人以下」がやり玉にあげられた。「フリー・マレーシア・トゥデー」のまとめによると、「4千人で安全になったという科学的根拠はどこにあるのか?」「4千人はまだ多い。規制を緩和したらまたすぐに増える」といった批判の声が目立っている。

テレビ演説まで行って「国家復興計画」と打ち出したにも関わらず、ムヒディン首相は「50億リンギの財政出動を伴う400億リンギの経済対策を打ち出した」と5月末に発表した政策を強調したが、追加対策を期待した国民は落胆を禁じ得なかった。

ラフィダ・アジズ元通産相は、「国家復興計画」に具体的な経済復興政策や雇用機会の増加、これまでの損失をどのように処理するかといった「戦略」が示されず、減税策すら盛り込まれなかったと批判した。

新型コロナの新規感染者数は5150人、セランゴール州が最多

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は16日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が5,150人となったと発表した。アクティブ感染者数は6万7,949人で、累計感染者数は67万3,026人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く1,914人だった。それに▽ネグリ・センビラン州(607人)▽サラワク州(570人)▽クアラルンプール(KL、480人)▽ジョホール州(392人)▽ケダ州(228人)▽クランタン州(230人)▽サバ州(184人)▽マラッカ州(152人)▽ラブアン(101人)▽ペナン州(99人)▽ペラ州(66人)▽パハン州(57人)▽トレンガヌ州(56人)▽ペルリス州(8人)▽プトラジャヤ(6人)ーーが続いた。新たに7,240人が回復し、累計治癒者は60万935人となった。死者数は73人で、累計で4,142人となった。

保健省のノール・ヒシャム事務次官は15日、新規感染者数は減少したが、1人の患者が何人に感染を広げる可能性があるかを指す基本再生産数(R0)について、0.94となったとして、前日から0.02%ポイントアップしたと明らかにした。ラブアンとサバ州、ネグリ・センビラン州、サラワク州では、1.0を上回っていると説明。一方で15カ所のクラスターを新たに確認したと明らかにした。

職場では最も多い11カ所のクラスターを確認した。またコミュニティで3カ所、教育機関で1カ所のクラスターが発生した。