【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ムヒディン•ヤシン首相が27日、新型コロナウイルス「Covid-19」新規感染者数が1日当たり4千人を下回るまで完全ロックダウン(MCO3.0)を続けると発言。6月28日には5,218人となり、28日以降も継続されることが決まった。

新規感染者数は5月16日から1カ月以上も目安である4千人を一度も下回っていない。6月1日に発令された完全ロックダウン後も大きな減少はみられず、今月23日からは6日連続で5千人を上回っている。近日中の4千人以下の達成は難しくなっており、ロックダウン長期化の容相を呈している。

完全ロックダウンは6月1日に2週間の期限で発令され、その後さらに6月28日まで2週間延長されていた。再延長の見通しが強まったことを受け、イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)は、打撃が大きい飲食店への配慮から28日より営業時間制限を午前6時から午後10時までに緩和すると発表した。

ただし店内飲食は引き続き禁止され、デリバリーと持ち帰りのみが認められる。現在の営業時間は半島部で午前8時から午後8時まで、サバ州では現在午前7時から午後7時まで、サラワク州では午前6時から午後8時までとなっている。

スポンサードリンク