【クアラルンプール】 インターネット就職斡旋会社、ジョブストリート・ドットコムが実施した新型コロナウイルス「Covid-19」の影響に関する調査によると、5月時点で生活の質に「満足している」との回答はわずか35%となり、前年同月の77%と比べてわずか半分になったことがわかった。
ジョブストリートは5月、5,000人を対象に調査を実施した。今回の調査では、新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるための政策や経済混乱によりマレーシア人の生活の質が下がったことがわかった。生活への不満は、行動制限令(MCO)の施行中に上昇する傾向がみられた。
MCO前の調査では生活の質に「満足している」との回答率は81%だったが、18%にまで下降した。またMCOの影響で雇用されているにも関わらず働くことができなかった回答者の生活の質への満足度は29%となり、MCO前の79%から下がった。
政府は、追加経済対策(PRIHATIN)などの経済政策を実施しているが、今年の経済成長率は、マイナス3.1%になることが予想されている。また失業率も6%に上昇すると見込まれている。
(マレー・メイル、6月30日)

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

エアアジア、日本国内線への2度目の挑戦も失敗に

マレーシアから日本への一時帰国→入国・隔離生活インタビュー

代表ブログ 11.06

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】