【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 日本からマレーシアに渡航する場合のルールについて、マレーシア航空(MAS)は、出国3日前のPCR検査を、独自ルールとして日本人にも適用していることを明らかにした。

 「マレーシアBIZナビ」の取材に対しMAS東京支店は、「乗客の安全を守るため、国籍に関係なく出国前のPCR検査を義務付けている」と回答した。現時点ではチェックイン手続きの際にPCR陰性証明の提示を求めているという。
マレーシア出入国管理局は先ごろ、グリーンゾーン国を除いて出国3日前のPCR検査を義務づける内容を盛り込んだ外国からのマレーシア入国ガイドラインを発表。日本人についてはグリーンゾーン国ではないものの検査義務対象外とするとしていた。しかしMASに関してはPCR陰性証明がないことを理由に搭乗拒否されるケースが報告されているため、在マレーシア日本大使館が注意を呼び掛けていた。
■マレーシアに在住する外国人の出国、再入国の場合は事前に許可証必要■
マレーシア出入国管理局は11日付けの告示で、「現時点でマレーシアに在住し且つ労働ビザを保持している外国人に対し、マレーシアを出国する場合には事前に入管より再入国許可証を取得する必要がある」と発表した。その場合でも60日以内にマレーシアに戻る必要がある。
行動制限令(MCO)前に出国していた場合、EP1ビザ保有者はマレーシア入国の際の許可証は不要。EP2やPVP保有者は、監督官庁のサポートレターを添えて入管に許可証を申請する必要がある。MCO期間中に出国した場合も申請を要する。

【マレーシアBIZナビ14日間無料試読のご案内】

スポンサードリンク