【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は24日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数が前日から21人増えて8,861人になったと発表した。

新規感染者のうち5人は海外で感染した帰国者(マレーシア人3人、外国人2人)で、16人が国内感染者(マレーシア人13人、外国人3人)だった。また新たに3人が退院し回復者数は8,577人に増加した。死者数は6日連続でゼロ人だった。

1人の感染者から何人に感染が広がるかを示す基本再生産数(R0、R nought)について、保健省のノール・ヒシャム事務次官は23日、6月は1.36にのぼり、行動制限令(MCO)施行期間の0.3から大幅に増加したと明らかにした。R0が1.6に上ると、感染者が急増するという。

7月1日、8日、9日は新規の国内感染者数はゼロだったが、現在19つのクラスタが発生している。

■クランタン州、グリーンゾーン除外へ■

5月1日に国内で初めて感染者ゼロのグリーンゾーンに指定されたクランタン州のコタバルでは23日に感染者が確認され、グローンゾーンから除外された。これにより感染者ゼロのグリーンゾーンは、▽ペラ▽ペナン▽ケダ▽ペルリス▽パハンーーの5州となった。

サラワク州では現在入院中の感染者が38人に上っている。ストゥトンとセントーサのクラスタではほぼ毎日新規感染者が出ていることから、再びレッドゾーン(感染者数が40人以上)に指定される可能性があるという。

 

・ウィークリーコラム

・代表ブログ

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】

 

スポンサードリンク