スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 シスコ・システムズが実施した2020年アジア太平洋地域中小企業デジタル成熟度調査によると、マレーシアは14カ国・地域で11位にとどまった。
同調査は▽デジタル戦略及び組織▽デジタルプロセス及びガバナンス▽デジタル人材及びスキル▽デジタルテクノロジー——の4つの要素で比較したもので、アジア太平洋14市場の中小企業1,424社から回答を得た。トップはシンガポール、2位は日本で、3位以下は▽ニュージーランド▽豪州▽中国本土▽韓国▽台湾▽香港▽インド▽タイ——と続いた。
マレーシアのテクノロジー投資の優先事項については「ITハードウェアのアップグレード」が18%ともっとも高く、「ITソフトウェアのアップグレード」(14%)、「セキュリティ」(11%)がこれに続いた。多くの国・地域で優先順位が高かった「クラウド」は優先順位が低かった。
デジタル化の課題についてはマレーシアでは「人材不足」が21%で最も高く、他国と同様な傾向が窺える結果となった。2位以下は「コミットメントの不足」(16%)、「DXロードマップの欠如」(12%)が続いた。
またデジタル化の優先事項については「市場の成長と拡大」が20%と最も高く、これに「カスタマーエクスペリエンスの向上&改善」(17%)、「運用またはサービスの提供の改善」(16%)が続いた。

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

旅行業界、コロナ時代の生き残り策(中)

首都圏でのCMCO実施の経済的影響は(1)

代表ブログ 10.01

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】