【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は25日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数が前日から111人増えて1万687人になったと発表した。
新規感染者のうち97人がサバ州で感染。うち74人がセンポルナの「バンガウバンガウ・クラスター」、14人がラハダトゥ警察署の「ベンテンLDクラスター」に関連していた。海外で感染した帰国者は4人だった。新たに30人が退院し治癒者数は9,696人に増加した。死者数はゼロで133人を維持した。
1人の感染者から何人に感染が広がるかを示す基本再生産数(R0、R nought)について保健省のノール・ヒシャム事務次官は24日、国内全体で1.34になったと明らかにした。最もR0が上昇したのは9月7日で1.72に上った。R0は1.6を超えると感染者が急増する事態を示す。感染が拡大するサバ州のR0は1.37で、ケダ州が1.15となった。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

2020年マレーシアの出来事(下半期編)【ウィークリーコラム】

オンライン食品商談会の記録 【スタッフブログ12.17】

コロナ禍での日本一時帰国→マレーシア再入国【代表ブログ特別編12.14】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】