スポンサードリンク

コロナ禍で今年の3月から全く海外出張できなくなった。遂にどうしてもシンガポールと日本へ出張しなければならない事情ができ、強行することにしようと考えている。最初に考えたのは、シンガポールと日本出張を別々に行おうというものだった。

しかし、マレーシアからシンガポールへ入国すると、到着時点でSwab Testを行い陰性の場合は1週間の自宅隔離で、その後2−3日仕事をしてマレーシアへ帰国。マレーシアでは2週間の隔離。その後、日本出張すると日本とマレーシアでそれぞれ2週間の隔離。延べで7週間の隔離は時間の無駄使いだ。それにマレーシアで2回、EXIT & RETURN Permitを申請しなければならない。

非効率的なので一度に全部やってしまおう。ということで、EXIT & RETURN Permitを申請し、シンガポール入国、1週間の自宅隔離後に仕事をし、その後、日本へ。関西空港から自宅の石川県までガンバってレンタカー移動を行えば、2週間は自宅で過ごせる。その後1週間ほど仕事をしてシンガポール経由でマレーシアへ戻る。マレーシアで2週間の隔離後、晴れて自由の身だ。

という感じで、計画だけすればスムースに行くように思う。しかし、マレーシアは頻繁に規則が変わる国だから気をつけなければならない。実際に私の友人は、EXIT & RETURN Permitが紹介される数日前に日本出張へ出たが、再入国する際にはReturn Permitが必要ということでMyEntryを通して申請しているが1ヶ月以上何の返信もないとのこと。日本のマレーシア大使館へ相談しても、イミグレ関連は管轄外ということで取り合ってもらえない。マレーシアへ戻りたくてもその術がない状況だ。

また、1日の新規感染者が再度100人を超え始めたことも気をつけなければならない。もうしばらく不自由な生活を強いられるが、何とかこの強行出張計画を成功させたい。そして無事戻ることができた暁には、体験談を是非共有したい!

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

旅行業界、コロナ時代の生き残り策(中)

首都圏でのCMCO実施の経済的影響は(1)

代表ブログ 10.01

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】