スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は16日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者数が前日から629人(うち2人が海外で感染した帰国者)増えて、18,758人になったと発表した。

  州別の感染者数は▽サバ州(489人)▽セランゴール州(50人)▽ペナン島(33人)▽ラブアン(19人)▽クアラルンプール(KL、10人)▽ペラ州(9人)▽ケダ州(7人)▽ジョホール州(5人)▽マラッカ州(3人)▽プトラジャヤ(2人)▽ネグリ・センビラン州(1人)▽パハン州(1人)ーーとなった。新たに245人が退院し治癒者数は1万2,259人に増加した。死者数は6人増えて176人になった。

  1日あたりの検査能力についてアドハム・ババ保健相は15日、検査数を5万4,706件、検査施設を▽保健省▽マレーシア軍▽科学技術革新省(MOSTI)▽大学▽民間研究所ーーの合計61施設に増強すると明らかにした。

  病床数については、保健省のノール・ヒシャム事務次官によると13日時点で6,795床(病院で2,820床、検疫・低リスク治療センターで3,975床)が確保されているという。

 ■15日に新たなクラスター発生、全国で75つに■

 ノール事務次官によると15日に新たなクラスターが4つ発生し、これにより国内のアクティブ・クラスターは75つに上った。15日に発生したクラスターは▽「オリーブ・クラスター」がセランゴール州フルランガットとサバ州マルドゥおよびペナンパン(感染者数は17人)▽「バーペンカラン・クラスター」がペラ州フルペラ(同6人)▽「バーパシル・クラスター」がネグリ・センビラン州ポートディクソンとプトラジャヤ(同5人)▽「サグキング・クラスター」がラブアン(同5人)ーーでそれぞれ確認された。「サグキング・クラスター」以外の3つのクラスターはサバ州からの入州者が関連している。

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

旅行業界、コロナ時代の生き残り策(中)

首都圏でのCMCO実施の経済的影響は(1)

代表ブログ 10.01

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】