【クアラルンプール】 独立系シンクタンクのマレーシア経済研究所(MIER)は26日、今年通年の実質国内総生産(GDP)の成長予想をマイナス5.5%に下方修正した。
MIERは、下方修正をした理由について、第2四半期の経済成長率がマイナス17.1%と大幅に落ち込んだこと、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者が再び増えていること、条件付き行動制限令(CMCO)、政府が中小企業(SME)向けに第4四半期の影響緩和策を追加で導入しなかったことを挙げた。
2021年のGDP成長率について、MIERは5.2ー6.7%を予想。来年初頭に発表される「第12次マレーシア計画(12MP、対象期間:2021ー2025年)」などが奏功するとした。新型コロナの流行第1波から回復まで6カ月を要したとし、現在直面している第3波から回復するまでに同等の時間を要するとして、回復は来年第1四半期頃になると予想。非常事態宣言の発令が提案され国王により却下されたが、発動した場合には経済が停滞し、来年の経済回復はさらに遅れることになっていたと指摘した。
(ザ・サン、10月27日、ベルナマ通信、10月16日)

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

コロナ耐性ランキング、マレーシアはなぜ低評価?

マレーシアから日本への一時帰国→入国・隔離生活インタビュー

代表ブログ 11.06

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】