【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア外国貿易開発公社(MATRADE)の発表(速報値)によると、2020年の貿易黒字は前年比26.9%増の1,847.9億リンギとなり過去最高となった。貿易黒字は23年連続。
新型コロナウイルス「Covid-19」の感染拡大に伴い、ロックダウンが世界各国で行われた影響を受けて、輸出高は前年比1.4%マイナスの9,809.9億リンギにとどまった。輸入高は7,961.9億リンギで、前年比6.3%減、貿易高は1兆7,771.8億リンギで、3.6%減少した。
輸出先を国・地域別で見ると、 中国がトップとなり、2ー5位はシンガポール、米国、香港、日本の順となった。日本への輸出額は616.9億リンギで前年比6.5%減少したが、6年連続で4位を維持した。原油やゴム製品、光学機器、電気・電子(E&E)製品、パーム油製品などが増加したが、液化天然ガス(LNG)が減少したことが響いた。トップだった中国向け輸出は前年比で12.5%プラスとなった。2位のシンガポールと3位の米国も3.7%、12.7%のそれぞれプラスだった。品目別ではE&Eが3,861.1億リンギでトップ。これに精油製品とパーム油製品が続いた。
輸入先も中国がトップで、これにシンガポール、米国、日本、台湾が続いた。日本は610.4億リンギで、前年から4.0%減少した。品目別では、E&Eが2,527.8億リンギでトップ。これに化学製品と精油製品が続いた。
12月の輸出高は957.4億リンギで、前年同月比で10.8%、前月比で13.1%それぞれ増加となった。輸入高は750.4億リンギで、前年同月比で1.6%、前月比で11.0%のいずれも増加となった。貿易額全体は1,707.8億リンギで、前年同月比で6.5%、前月比で12.2%それぞれ増加。貿易収支は207.0億リンギの黒字だった。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

MCO2.0下のマレーシア再入国レポート 

代表ブログ 01.20 【代表ブログ】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】