【クアラルンプール】 マレーシア観光芸術文化省は、シンガポール、インドネシアとの間で交わしている相互グリーンレーン(RGL)の取り決めを、日本、オーストラリア、ニュージーランド、ブルネイ、韓国にも適用する意向で、詰めの交渉を持っている。
春節行事に出席した際の記者会見でナンシー・シュクリ大臣は、各国と事務レベルで折衝を持っているが、マレーシアには感染対策として標準的運用手順(SOP)という備えがあるため、受け入れの準備はできているという。
RGLはビジネス上の必須人材や公務での往来を許容する取り決めで、昨年7月、マレーシアはシンガポールとRGLを交わしたが、マレーシアでの感染拡大を理由にシンガポールは4月までの3カ月間、RGL凍結を決めた。マレーシアはインドネシアとは今月、RGLを交わした。
(マレーシアン・リザーブ、2月18日)

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

MCO2.0下のマレーシア再入国レポート 

代表ブログ 01.20 【代表ブログ】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】