【ペタリンジャヤ】クラウドコンピューティングなどのサービスを提供する米ブイエムウェアは世界各地で行った、デジタルサービス満足度調査の結果を発表した。デジタルサービスを利用するマレーシア国民の58%は、デジタルサービスが改善するのであれば、自身の日常生活に関する情報を政府が共有するのを構わないと考えていることがわかった。
マレーシアの消費者は昨年、政府機関など各種組織とオンラインでつながることを余儀なくされたが、67%の者が快適な体験だったと回答した。この割合は東南アジアが69%、米国とフランスが40%、英国とドイツが33%。
マレーシアの回答者のうちデジタル方式での接触に満足している対象では、66%が金融機関、62%が小売業、45%が政府機関を挙げた。ブイエムウェア・マレーシアのデバン代表は、企業、社会はコロナウイルス禍による混乱に適応したと語った。
デジタル経験で最も重視するものとして、60%は個人情報の保護、48%はアクセスの容易さ、43%は接続速度を挙げた。
(ザ・サン、3月12日)

スポンサードリンク