スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)は16日、▽セランゴール▽ジョホール▽ペナン▽クランタン▽クアラルンプール(KL)——の4州1都について3月31日まで条件付き行動制限令(CMCO)を延長すると発表した。
▽ネグリ・センビラン▽ペラ▽ケダ——の3州については、19日からから復興に向けた行動制限令(RMCO)に切り替える。3州に対するRMCOの期限は3月31日まで。ただし新規感染者が出ているケダ州のクアラムダとクリム、ネグリ・センビラン州セレンバンはCMCOを延長する。
またすでにRMCOとなっていた▽ペルリス▽マラッカ▽パハン▽トレンガヌ▽サバ▽プトラジャヤ▽ラブアン——については3月31日までRMCOを継続する。ただしサバ州のナバワンだけは2週間MCOを延長する。
RMCOになっても州を跨いだ移動は旅行代理店を通じた観光旅行以外は、依然禁止となっている。州内の地区間移動については、サバ・サラワク州を除いて許可されている。