マレーシアにディスカウント店「ドン・キホーテ」の海外店舗「Don Don Donki」がクアラルンプールの商業施設「Lot10」内に3月19日にオープンしました。本記事では3月22日に店内を取材した様子をお伝えいたします。

「Don Don Donki」はLot10内のGrand Floor、1st Floor、2nd Floorの3フロアに展開されていますが、取材時点でGrand Floor部分は出口専用になっており、入場のためには一旦2nd Floorまで行き、整理券を受け取って列に並ぶ必要がありました。約40分並び、店内に入ることができました。

2nd Floor部分は化粧品・雑貨・菓子売り場、1st Floorが食品売り場、Grand Floorが食品売り場とレジとなっています。

店内の通路は余裕があり、人とすれ違う際もぶつかることはありませんでした。時に家族連れで買い物を楽しむ人たちが夢中になって通路がふさがってしまうことも。時には客同士が通過できるまで待っているシーンもありました。

菓子コーナーは充実しており、キットカットだけでも紅芋、菊正宗、ほうじ茶、もみじまんじゅうなど様々なバラエティの味が並んでいました。

食料品売り場には、野菜、肉、刺身、寿司、惣菜、弁当が売られており、ハラルの和牛コーナーも売り場が充実していました。

惣菜として売られているサーモンの寿司や刺身などは、2階で実際に調理されており、外側から寿司を握ったり加工している様子を見ることもできます。

食料品売り場ではかご3つにいっぱいに食品をつめて買い物をする客の姿も見られました。

水産加工品には他に干物、冷凍もの、サバの切り身などもありました。

その他、ケーキなどのスイーツ、焼き芋の販売もありました。

日本のスーパーのように、弁当やお好み焼きなどもパックで売られており、近隣のオフィスワーカーで弁当を買いに来ている人の姿もありました。

Grand Floorには日本産の果物売り場とレジとなっており、りんご、イチゴ、ミカンなど様々な産地の日本産果物を楽しむことができました。果物の隣には清涼飲料の売り場もあり、品種が充実していました。

実際に来店しているローカルマレーシア人にインタビューも行いました。以下からご覧いただけます。

「ドン・キホーテ」がクアラルンプールにオープン|ローカル客にインタビューしてみました!

スポンサードリンク