スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 武田薬品工業(本社・大阪府大阪市)は、マレーシアにおいて今年、同社のデング熱ワクチン「TAKー003」の承認申請を開始すると明らかにした。
同社は、4歳から60歳の人を対象に、4種すべてのデングウイルス血清型で引き起こされるデング熱の予防を目的として開発中のデング熱ワクチン「TAKー003」について、欧州医薬品庁(EMA)へ承認申請を行い、受理されたと発表。2021年中にマレーシアの他、アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、インドネシア、メキシコ、シンガポール、スリランカ、タイで規制当局へ申請を行う予定だ。
武田薬品工業は、欧州連合(EU)における承認とEU-M4all (旧称Article 58)制度を通じての EU域外の国々における承認を目的とした医薬品に適用されるEMAが実施する初の並行審査に参加している。EU-M4all制度に参加している国々は、欧州医薬品評価委員会(CHMP)からの科学的見解に加え、独自の審査をしたうえで自国における承認について判断するという
同社は、EU-M4all制度に参加していないデング熱流行国においてもTAK-003の承認を目指す。米国での承認申請を行い、その後アジアやラテンアメリカのその他諸国での承認申請を実施していく。